fc2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



(続) 雄洋炭鉱鉄道
自宅の庭の一部にレイアウト専用の建屋の中に北海道の炭鉱をテーマにした
7mx3mオーバーの巨大なレイアウトが雄洋炭鉱鉄道です。

conv0015_202312181434480ac.jpg
畳半畳以上も在る制御卓。

conv0001_202312181431514af.jpg
炭鉱線の機関区。

conv0002_20231218143148ed5.jpg
炭鉱ヤード。

conv0003_202312181431466b9.jpg
右側から採掘した石炭をホッパーでセキ車に。

conv0004_2023121814314375b.jpg

conv0022_20231218143747d2c.jpg

conv0009_2023121814332119b.jpg
雄洋炭鉱線と国鉄との連絡駅。
炭鉱線と国鉄線が上手に接続されて居ります。

conv0019_20231218143754800.jpg

conv0020_20231218143752cf0.jpg
丘の上には炭鉱住宅が。

conv0016_20231218143445e0b.jpg
炭鉱山線を往くⅭタンクの重連貨物。

conv0014_2023121814345056c.jpg
炭鉱ヤード接続の信号所で信号待ち。

conv0017_2023121814343366a.jpg

conv0011_20231218143319f65.jpg
中央線三鷹の跨線橋を彷彿とさせます。

conv0013_20231218143452e16.jpg
炭鉱ヤードでひと際目立つホッパー。
此処でセキ車に積みこみ中央の駅で国鉄を通じて出荷して行きます。

conv0024_202312181437420a1.jpg
雄洋炭鉱鉄道株式会社の工務部課長のT氏。

オーナーさまには、今回お邪魔するに当たり線路の保守等運転に支障の無い様整備して
頂き感謝致します。




















スポンサーサイト





コメント

これは規模も密度も凄いレイアウトですね。今までにTMS等に発表されていたのでしょうか?
電車ファンのOER3001氏には炭鉱鉄道は向きませんが、模型として見ると魅かれますね。
天賞堂の0-6-0などぴったりかと。
[2023/12/21 22:53] URL | OER3001 #- [ 編集 ]


OER3001さま
庭の建屋に設置されておりレイアウトルームと云うよりレイアウト建屋で
工作室も在ります。本屋で立ち読みなので雑誌等に記載されたかどうか
把握して居りません。持ち込んだ車両も派手なキハ07よりキハ05の方が風景に
溶け込んでおりDD13を私鉄風に塗装しセキ車を牽くのも似合いそうです。
[2023/12/22 08:59] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]


蒸機はサイドタンクが多いようなので、九州の貝島炭鉱のイメージかと思うと、夕張みたいな3軸ボギーの客車もいる。炭鉱のすべてを集約してという雰囲気なのでしょうか。
[2023/12/22 12:17] URL | モハメイドペーパー #- [ 編集 ]


モハメイドペーパーさま
レイアウトは北海道をイメージしていると聞いて居り、テンダー車も留置
されておりました。
ストラクチャーの緻密さに感動しました。
[2023/12/22 16:23] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]


ストーリーのある、見ていて色々と想像が膨らむ素敵なレイアウトですね。
[2023/12/22 21:59] URL | 所長失格 #dAn9h7R. [ 編集 ]


所長失格さま
テーマを持って造られズバリ炭鉱鉄道らしい落ち着いた雰囲気のレイアウトでした。
台枠から始め5年で完成との事でした。
[2023/12/23 08:22] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]


凄いの一言です、炭鉱鉄道。
木造のホッパー、、現在日本各地にの押されているものは
コンクリート製のもの、木造のものはこんな形をしていたのですね。
いつの日か、朽ちたり、解体されたりしたという事ですね。
制御卓が大きい、本格的、鉄道や炭鉱への愛が伝わってきます。
バンダイの栃木壬生のミュージアムにあった100年前の英国の炭鉱模型
思い出しました。
貴重な情報、感謝いたします、またお邪魔します、ぬか屋さん。
[2023/12/26 09:17] URL | kozoh55 #- [ 編集 ]


kozo55さま
線路を牽いただけでなく、緻密に作られた構造物が更に盛り上げて
居ります。
炭鉱をモチーフにして居り職員用炭鉱住宅や商店街、呑み屋街等
街を作り出して居りました。
[2023/12/26 10:41] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://turezure8410.blog.fc2.com/tb.php/612-fbb43bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)