FC2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Bluebell(ブルーベル)鉄道
ブルーベル鉄道に向かうため朝食をホテルのレストランに一番で済ませEastGrinstead(イーストグリンステッド)に
向かいました。

conv0001_2017120621344723b.jpg
朝早い為かガラガラです。

conv0002_20171206213447833.jpg
途中車窓から「ストーンヘッジ」が拝めました。

conv0008_201712062136526aa.jpg

conv0010_201712062137194a3.jpg
旧国鉄のイーストグリンステッド駅。

conv0009_20171206213652320.jpg

conv0006_201712062136182bd.jpg

conv0013_2017120621380313f.jpg

conv0012_201712062138036c1.jpg
駅員さん達はアフターヌーンティーの最中の様です。

conv0011_20171206213804386.jpg

conv0092.jpg

conv0093.jpg

conv0007_20171206213616ca7.jpg

conv0014_20171206213831ba1.jpg

conv0015_201712062139398a0.jpg
14時30分発の折返し列車が入線。

conv0016_20171206213938e78.jpg
最尾に木造の特別車両。

conv0018_20171206214009c49.jpg

conv0027_201712062143316d7.jpg

conv0021_20171206214109f08.jpg

conv0022_20171206214205a34.jpg

conv0023_201712062142052e6.jpg
英国の鉄道員はスリムでないと辛そうです。

conv0019_201712062141107cb.jpg
気さくな乗務員。
キャブに入れてくれ記念撮影しました。

イーストグリンステッドを定刻14時30分発車。

conv0094.jpg

conv0029_201712062144330ec.jpg
キングスコート駅でのタブレット交換。

conv0031_20171206214509ee9.jpg
キングスコート駅駅舎。

conv0034_2017120621470789f.jpg

conv0035_201712062147070ee.jpg

conv0036_201712062147061af.jpg
交換予定のホースティドケインズ駅に定刻到着。

conv0044_201712062149058bd.jpg

conv0042_201712062148186dc.jpg
売店。

conv0043_20171206214818123.jpg

conv0053_201712062151112a0.jpg
雰囲気を盛り上げてくれるストラクチャー。

conv0038_201712062148205bd.jpg

conv0039_2017120621482090e.jpg

conv0045_2017120621490536f.jpg

conv0046_20171206214904663.jpg

conv0047_20171206214924495.jpg
交換列車が来ます。

conv0048_20171206215113856.jpg

conv0049_20171206215113913.jpg

conv0050_201712062152090ff.jpg

conv0051_201712062151125dd.jpg
時代を感じさせる展望車。

conv0052_20171206215112e8b.jpg
対向列車のファーストクラスの乗客。

conv0055_2017120621511142e.jpg
3時04分 イーストグリンステッド行きに発車合図を送る駅務員。

conv0056_20171206215449a33.jpg
シェフィールドパーク行きも定時発車。

conv0057_20171206215449c7d.jpg

conv0058_2017120621544841a.jpg

conv0059_20171206215448a3f.jpg

conv0060_20171206215448f22.jpg
シェフィールドパーク駅進入。

conv0062_201712062154464da.jpg
小さな蒸気機関車が煙を上げているのがみえました。

conv0065_20171206215725fc6.jpg

conv0066_201712062158013f4.jpg

conv0067_20171206215801d15.jpg

conv0071_20171206215921c57.jpg

conv0070_20171206215922328.jpg
本線の旅客牽引の機関車と比べるとナローの様です。

conv0069_2017120621592209c.jpg
日本風に言えば「トフ」型の緩急車。

conv0072_20171206215921a4f.jpg

conv0073_201712062159217fc.jpg

conv0074_20171206220033066.jpg
キャブ内を覗こうと思っていたところ発車して行きました。

conv0077_20171206220033d66.jpg
左側側の車庫は検修庫兼博物館になっております。

conv0086_20171206220534b60.jpg
直径2000mm位有る美しいスポーク車輪。

conv0084_201712062203504d7.jpg

conv0080_2017120622030402d.jpg

conv0081_20171206220303bf2.jpg

conv0079_201712062202204b6.jpg
狭くて入りきれません。

conv0089_201712062207220e8.jpg
時代物のトラック。

conv0075_201712062200337fc.jpg
給炭、給水、火床整備等で機関庫に。

conv0083_201712062203514ce.jpg

conv0085_20171206220500d8f.jpg

conv0087_2017120622061261e.jpg
短時間で整備と思われましたが煙室を開けてしまいました。

conv0078_20171206220115d5a.jpg

conv0068_2017120621592330d.jpg


conv0088_201712062207229c1.jpg
デザインが素敵なシェフィールドパーク駅。

ブルーベリー鉄道を堪能した処でロンドンに向かいます。

conv0097.jpg

conv0095_20171208095821b95.jpg

conv0096_201712080957028c1.jpg
ロンドン市内のパブで夕食。

conv0098_20171208095904d10.jpg
今宵の宿はフットボールの聖地「ウェンブリースタジアム」の最寄り駅傍の
「ホリデーイン ロンドン ウェンブリー」

次回は1日乗車券で市内に出てみます。




























スポンサーサイト


コメント

全てがまるで、生きた博物館のようですね。
流石、英国(え~くに)ですね。
[2017/12/08 20:59] URL | OER3001 #- [ 編集 ]


 ロンドンのチュウブほどではないけど、車両限界はかなり小さめなんでしょうか。
[2017/12/08 21:24] URL | モハメイドペーパー #611Y5iDM [ 編集 ]


OER3001さま
日本の鉄道技術がどうのこうの言ってもも鉄道発祥の英国の鉄道には
敵いませんね。

モハメイドペーパーさま
客車牽引の蒸機と比べて車長、車高が小さいだけで車両限界の絡みで
小型化したのではなく工事車両(工臨)などで使用するのが主務では
ないかと思います。
[2017/12/09 17:58] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]

ストーンヘンジ!
無造作に晒されているんですね。どうやって石を乗っけたのか・・・
素晴らしい保存鉄道の数々に圧倒されますが、さすがに英国、メシはイマイチの様な・・・

これらの保存鉄道は標準軌のように見えますが、変則軌間などもあるのでしょうか?
[2017/12/12 09:52] URL | シグ鉄 #- [ 編集 ]


シグ鉄さま
何時、誰が、何の為にどの様に造ったのか謎を秘めた石柱群ですね。
英国はこれといって美味しいと思える物もなく必ずといって出るのが肉料理で
野菜がさほど付かないのが難点です。

巡った保存鉄道はご指摘の通り1,435mm(4フィート8.5インチ)の標準軌道です。
保存鉄道には伊豆の虹の郷の本家のロムニー鉄道は381mm(1フィート3インチ)、
更に597mm、686mm、762mm、914mmなどボランティアの人達に依り
支えられておりました。
[2017/12/12 17:09] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://turezure8410.blog.fc2.com/tb.php/295-35f1200c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)