fc2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フランス国鉄(SNCF)コル・デ・モンテ線
SNCFのコル・デ・モンテ線は、サン・ジェルヴェ駅からシャモニー駅を経由してスイス国境のヴァロルシーヌ駅を結んでおり、更に
ヴァロルシーヌ駅からスイス側の私鉄マルティニ・シャトラール鉄道とモンブラン・エクスプレスとして直通運転でマルティニ駅まで運行しております。
沿線には90‰の最大勾配が在りますが粘着方式のメーターゲージ、850Vの第3軌条からの集電方式の鉄道ですが、
スイス側のマルティニ・シャトラール鉄道が架線集電、ラック式の為パンタグラフの装備等直通運転に対応しています。

conv0001_20160506162510f65.jpg
SNCFシャモニー・モンブラン駅。

conv0007_20160506162713d6b.jpg

conv0008_20160506162713401.jpg
モンブラン・エクスプレス。

conv0013_20160506162853d19.jpg
たたんだパンタが確認出来ます。

conv0009_20160506162713ad1.jpg

conv0018_20160506163018eb8.jpg
女性駅務員の活躍が目立ちます。

conv0002_20160506162510a4e.jpg
留置中のモンブラン・エクスプレス。

conv0017_201605061630181bd.jpg
モンブランの山並に雲が被ってしまいました。

conv0005_20160506162537256.jpg
実にストレートな第3軌条故の注意看板。

conv0003_201605061625098cc.jpg

conv0004_2016050616250941e.jpg
構内に留置されている工事車両と廃車車両。

次回は、直ぐ隣りのシャモニー・モンタンベール鉄道に行って観ます。




スポンサーサイト





コメント

 第3軌条で低いホーム、おまけに構内踏切はちょっと怖い。側線だと第3軌条が剥き出しというもの日本では考えられません。
[2016/05/09 23:06] URL | モハメイドペーパー #- [ 編集 ]


モハメイド・ペーパーさま
欧州の人達はお行儀が良いのでホームから降りて渡ろうとする人はいないし
乗降客の渡る踏切の「危険触ると死ぬよ」という看板だけで事足りている様です。
側線は鉄道係員しか原則立ち入る事が無いのと、気が付きませんでしたが何処かにセクションが在るのかもしれません。

[2016/05/10 21:31] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://turezure8410.blog.fc2.com/tb.php/205-d0363d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)