ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



レーティシュ鉄道アルブラ線 ランドバッサー橋を渡る
レーティシュ鉄道アルブラ線は、サン・モリッツからクールを結んでおり途中この線の名所の
ランドバッサー橋を渡ります。

conv0005_20150930195048e35.jpg

conv0006_20150930195048a64.jpg
のどかなエンガディンの村を抜けて行きます。

conv0002_20150930195048e3e.jpg
徐々に山岳部に。

conv0003_20150930195047e12.jpg
山中の信号所での交換。

conv0004_201509301950472cd.jpg
カーブも多く、トンネル内でのループも有る様です。

conv0008_20150930195153116.jpg

conv0009_20150930195416a98.jpg
似た様な橋が幾つも在り戸惑います。

conv0010_20150930195415ded.jpg

conv0011_201509301957068e6.jpg


conv0012_20150930195706928.jpg

トンネルを出てランドバッサー川に架かる橋が名所のランドバッサー橋です。

conv0013_20150930195705034.jpg

conv0014_20150930195705ba1.jpg

conv0015_20150930195735de8.jpg

conv0016_201509301957047ac.jpg
全長141m、高さ65m、R400の6連アーチの石積の橋で絶好の景観を生み出しています。
次回訪れる事が有れば川に降りて下から撮って観たいです。






スポンサーサイト


コメント
スイスはやはり
右側通行ですね。
ランドバッサー橋、前後を撮られたと思いますが、
数えたら11両もありました。
山岳列車とは思えぬ長大編成ですね。
[2015/10/02 15:49] URL | シグ鉄 #- [ 編集 ]


シグ鉄様
コメント有難う御座います。
英国は日本と同様左側通行ですが、他の欧州の国は右側通行ですね。
客車は山岳部はカーブも多く、径も小さい箇所も有る様で18m車位と思います。
1両当りの定員もそこそこの為、多客対応の為、長編成になるのではないでしょうか。
[2015/10/02 20:52] URL | ぬか屋 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://turezure8410.blog.fc2.com/tb.php/177-58eb6d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)