fc2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



レール
鉄道と言うと車両が花形のようですが、其の走行を陰で
支えて居るのがレールです。

蔵を整理して居たら何種類かのレール、その他我楽多が出てきたので
並べてみました。

conv0003_20240218163030530.jpg

conv0002_202402181630343c3.jpg
左から50kgNレール,40kgNレール,37kgレール.
30kgまでのレールは、普通レールと呼ばれ其れ以外は工事用やトロッコ用として
軽レールと呼称されています。

conv0001_202402181630335ef.jpg
軽レールと呼称されるレール。
左から22kgレール(西武山口線廃止記念レール)、15kgレール、12kgレール、9kgレール(規格外で判然としません)

conv0008_20240218163055732.jpg
縦に並べて見ると大きさが一目瞭然です。

conv0004_20240218163028e6a.jpg
タイヤのスライスです。

conv0011_202402212053476e4.jpg
この様にセットするとお判りになると思います。

conv0009_20240220165916813.jpg
スパイク。
他の物をメッキ依頼した時に、序でに課の人数分お願いした物です。

conv0010_2024022016591427b.jpg
40kgNレールで造った金床で表面は焼き入れ加工して在ります。
殆ど使用した憶えが無く、蔵の隅で寝て居た物です。

conv0007_202402181630578a0.jpg
37kgレールの切れ端。
模型工作その他、重しに使用し実に便利です。

車両に1,500Ⅴを供給する架線(トロリー線)です。
文鎮に便利です。

conv0017_2024022409141789e.jpg

conv0019_20240224091414440.jpg
トロリー線の断面はこの様な形状です。


オマケの画像で、小型鉄道模型用5インチレールと輪軸です。

conv0012_2024022309223888f.jpg

conv0013_20240223092236be0.jpg
フィシュプレートも顎がしっかり嵌り全くガタが生じません。

conv0015_2024022309223303f.jpg

conv0016_2024022309223176e.jpg

conv0014_20240223093043b54.jpg

オマケの画像でした。




スポンサーサイト



衝動買い
偶々珈琲豆店の前を通り掛かり、思わず足を止めて
しまいました。

conv0003_202402171258590de.jpg

conv0001_2024021712590232f.jpg

conv0002_20240217125900fe5.jpg
バレンタインの企画商品のカメラとともに、見たことが有る小振りのトラムが
山ほど積まれてました。
衝動的に手持ちのパワトラで可動化させ様と思い購入しました。

conv0004_20240217125857fe8.jpg

conv0007_20240217125953d7c.jpg
例によってチョコが3個。

conv0006_20240217125853f15.jpg
大きさは前回(2022年)発売の物より二回り位小振りです。

conv0005_202402171258551f7.jpg

conv0010_20240217125951bc9.jpg
全長 50mm、全幅 10mm、高さ 30mm位小さいです。
1/45と1/80の中間位なので軌間16.5mmでの可動化に着手します。







隅田川
東海林太郎の歌に
♬ 銀杏がえしに黒襦子かけて泣いて別れた隅田川・・・・・
「セリフ」
「あなたが二十歳、私が17の時、清元のお稽古から帰って来ると
あなたは、「竹屋の渡し場」で待っていてくれたたわね。
そして二人の姿が水に写るのを眺めながら、
にっこり笑って寂しく別れた儚い恋だったわね。」

と言う事で以前より気になっていた「竹屋の渡し場」の跡を探しに行ってみました。
歌詞の続きに「今戸」と言う地名が出て来ますので、「待乳山聖天」辺りから歩き始めました。

conv0011_20240117150256eca.jpg

conv0014_20240213210709247.jpg
待乳山聖天
大根を御供えする事で有名らしいです。
お寺の方に「今戸橋」を尋ねると「山の麓です」との事でした。

conv0006_202401171502022f1.jpg

conv0004_202401171502054ef.jpg

conv0005_20240117150203576.jpg
隅田川に注いでいた山谷堀に架かる橋で親柱が面影を残して居ります。
柳橋辺りの船宿から隅田川を遡り山谷堀に到り、今戸橋で下船し船宿で一休み、
日本堤(吉原)への中継地として賑って居たそうです。

conv0013_20240212170212787.jpg
山谷堀を遡ると日本堤(吉原)に行き付きます。

conv0007_20240117150302c4f.jpg

conv0010_202401171502586a4.jpg
欄干の面影が残る「今戸橋跡」
此の先が隅田川。

conv0008_2024011715030165a.jpg

conv0009_20240117150259d61.jpg
昔は日本堤(吉原)へ続く山谷堀は公園に。
山谷堀を猪牙船(チョキブネ)で吉原へ通う御仁も居たかも知れません。

conv0002_202401171502094f7.jpg

conv0003_20240117150207540.jpg
隅田川に在った渡し舟の一つで別名「待乳の渡し」とも云われ
山谷堀の今戸橋の袂から対岸の向島を結んで居たそうです。

conv0015_202402141722392ef.jpg
待乳山聖天、山谷堀、今戸橋、竹屋の渡しの位置関係。

インバウンドの観光客も居らず、のんびりと巡ったシニアの
歴史探訪でした。
























新潟交通
前々回の蒲原鉄道に続き寄ったのが新潟交通でした。

始点の県庁前からスタート。

conv0014_20240130185530929.jpg

conv0015_20240130185527eeb.jpg

conv0016_20240130185525057.jpg
小田急からの車両とモハ12。

conv0017_202401301855222bb.jpg
元小田急が併用軌道を東関谷に向います。

conv0003_202401301852469d2.jpg
信濃川ほとりの東関谷駅に隣接している車庫。

conv0001_20240130185251fdc.jpg
クハ48(元小田急デハ1412)

conv0002_20240130185249b3b.jpg
クハ33(元神中の気動車)

conv0004_20240130185244f12.jpg
キ100形除雪車。

conv0020_2024013018571993c.jpg

conv0005_202401301852416bb.jpg
クハ37(元国鉄41000形)

conv0006_20240130185240c16.jpg
モハ19の廃車体(元東武のデハ1形のデハ6と推定)

conv0007_20240130185403cec.jpg
手洗い洗車中のモハ11。
実に長閑です。

conv0010_20240130185355b81.jpg
クハ45(元小田急デハ1416)+モハ17。

conv0011_202401301853525bf.jpg
クハ17(元東武デハ2形)+モハ40。

conv0012_202401301853509e8.jpg
モハ17(元東武デハ2形)+クハ45。

conv0013_20240130185533ba8.jpg
モハ17(元東武デハ2形)+クハ45

conv0023_2024013018571520a.jpg

conv0024_202401301857122d0.jpg
有蓋電動貨車のモワ51牽引のミキスト。

小田急からの譲渡車両が目立つ中、東武からのデハ2形の運用が
観られた事は収穫でした。









60年振りの懇親会
昨年秋、鉄道模型の個展が開催され、其れが基で60年前の仲間が
集合し、懇親会を行い昔話に花を咲かせました。

conv0014_20240204144614578.jpg

conv0015_20240204144612999.jpg
第1次会場は、新宿西口「鳥元」
会食をしながらの思いで話に時の経つのを忘れる程で店員から
「お客さ~ん、時間ですよ」と声を掛けられる程で写真を撮り損ねました。

conv0013_20240204144609cec.jpg
2次会会場はスペイン料理店「Rico]。

此処で披露された個展で展示された9mmゲージの機関車。

conv0001_202402041446074cf.jpg

conv0003_2024020414460310c.jpg

conv0004_20240204144847490.jpg

conv0006_20240204144844c39.jpg

conv0002_20240204144604444.jpg
終電効果を高める為、イコザイザー付きで、リベットも手打ちとは思えない
緻密さで、ため息しか出ません。
すっかり触発されました。

conv0009_20240204144842213.jpg
手に取り被り付きで鑑賞。

conv0011_202402041448398f9.jpg
思い出した様にお店の方にシャッターをきってもらいました。

次回も元気で集まる事を祈念し、5時間近く行われた懇親会も
お開きになりました。