fc2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ぬか屋のおやつ
青梅の従兄から送って頂いた柚子や渋柿が入手したので
越冬用のおやつを作りました。

conv0001_2023122720395960f.jpg

conv0002_20231227203956f04.jpg
送って頂いた柚子。

正月料理や子供達に分けた後の余った柚子でピールを

conv0003_202312272039549dd.jpg

conv0004_20231227203951395.jpg
千切りにし、一晩水に浸して置きます。

conv0005_2023122720395084b.jpg
砂糖を加え焦げない様に煮詰めます。

conv0006_20231227203947741.jpg
煮詰まったら風通しの良いところで乾かします。

conv0007_2023122720412461d.jpg
グラニュウ糖をまぶして完成です。

50個程頂いた渋柿。

conv0008_202312272041224ab.jpg

conv0009_20231227204120d84.jpg
紐で括り湯せんしベランダに吊るします。

conv0011_20231227204115629.jpg
2~3日位で表面から乾いてきます。

conv0010_20231227204117b4e.jpg
10~15日位でほぼ完成します。

conv0013_20231227204112867.jpg
紙に包み冷蔵庫の野菜室で保存すると粉を吹き更に甘くなります。

conv0014_20231227204202fe0.jpg
ぬか屋の三時のおやつとしてチビチビやるのが至福の時で、
ピールや干し柿が好物な孫が居ますので節制しながら楽しんで
居ります。

此の後は、暮れの運転会、大反省会そして大晦日の蕎麦打ちで
2023年も締めとなります。





スポンサーサイト



(続) 雄洋炭鉱鉄道
自宅の庭の一部にレイアウト専用の建屋の中に北海道の炭鉱をテーマにした
7mx3mオーバーの巨大なレイアウトが雄洋炭鉱鉄道です。

conv0015_202312181434480ac.jpg
畳半畳以上も在る制御卓。

conv0001_202312181431514af.jpg
炭鉱線の機関区。

conv0002_20231218143148ed5.jpg
炭鉱ヤード。

conv0003_202312181431466b9.jpg
右側から採掘した石炭をホッパーでセキ車に。

conv0004_2023121814314375b.jpg

conv0022_20231218143747d2c.jpg

conv0009_2023121814332119b.jpg
雄洋炭鉱線と国鉄との連絡駅。
炭鉱線と国鉄線が上手に接続されて居ります。

conv0019_20231218143754800.jpg

conv0020_20231218143752cf0.jpg
丘の上には炭鉱住宅が。

conv0016_20231218143445e0b.jpg
炭鉱山線を往くⅭタンクの重連貨物。

conv0014_2023121814345056c.jpg
炭鉱ヤード接続の信号所で信号待ち。

conv0017_2023121814343366a.jpg

conv0011_20231218143319f65.jpg
中央線三鷹の跨線橋を彷彿とさせます。

conv0013_20231218143452e16.jpg
炭鉱ヤードでひと際目立つホッパー。
此処でセキ車に積みこみ中央の駅で国鉄を通じて出荷して行きます。

conv0024_202312181437420a1.jpg
雄洋炭鉱鉄道株式会社の工務部課長のT氏。

オーナーさまには、今回お邪魔するに当たり線路の保守等運転に支障の無い様整備して
頂き感謝致します。





















雄洋炭鉱鉄道
鉄道模型の先輩の鉄道にお邪魔しレイアウトの見学、
気動車の走行試験をさせて頂きました。

conv0015_20231207121822987.jpg
レイアウトには立派なエッチングによる社名が掲げられております。

conv0016_20231207121819ee5.jpg
先般塗装し取り敢えず完成した、昔購入した珊瑚製キットを組んだキハ05,07。

conv0001_20231207121411f54.jpg

conv0005_2023120712140194f.jpg

conv0007_202312071213589b9.jpg

conv0009_202312071216375b2.jpg

conv0012_2023120712162995c.jpg
背後にはセキ車に石炭を積みこむ大きなホッパーがあります。

conv0011_202312071216322a0.jpg
炭鉱をモチーフにしたレイアウトにクリームとオレンジの車両がひと際目立ちます。

conv0002_20231207121408bb8.jpg

conv0003_202312071214061a8.jpg

conv0004_202312071214034e6.jpg

conv0014_20231207121823c89.jpg
4110が牽引するセキ車と並走。

conv0008_2023120712163969d.jpg

conv0010_20231207121634f32.jpg
炭鉱鉄道のレイアウトには、旧塗色が合います。

試運転もキハ07のギャのロックネジが弛んだトラブルが在りましたが、無事走行試験
も終了しました。

次回は雄洋炭鉱鉄道を紹介したいと思います。











昭和レトロな珈琲店
渋谷で懐かしい珈琲専門店が在りました。

conv0001_20231205143109768.jpg
初めてこの店を知ったのは学生の頃、新宿西口店で
当時としては珍しくアルコールランプのサイフォンで落として、豆もリクエストできました。
以降お姉さんとの待ち合せや反省会の待ち合わせとかで利用して居りましたが
新宿西口店は2015年頃閉店となりました。

conv0004_2023120514310114e.jpg
そして先日野暮用で渋谷を歩いて居て見つけた、昔ながらの昭和の香りのする珈琲店「TOP」

conv0003_202312051431049a4.jpg

conv0002_20231205143106d99.jpg
メニューは粗昔のままです。

conv0006_202312051430560d5.jpg

conv0008_20231205143133c80.jpg
昭和の匂いがプンプン。

conv0005_20231205143059310.jpg

conv0007_2023120514313663c.jpg
リクエストした豆を丁寧に牽きサイフォンで点ててくれた珈琲は格別でした。