ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ブリエンツ・ロートホルン鉄道 ②
写真を撮ったりキオスクで購入したサンドイッチとコーヒーで空腹を満たして小1時間程時間を潰し
愈々発車となりました。

路線は軌間800mm、最大勾配250‰、ロートホルンクルムまで約7.5kmを50分程で登り
途中3箇所の信号所で交換しプランアルプでは給水設備があります。

conv0033_201606211923270b7.jpg

conv0014_20160621191158eed.jpg
乗客は全て外国人。

conv0018_20160621191441377.jpg

conv0015_201606211912254cb.jpg
ブリエンツ湖を望みます。

conv0016_20160621191258e04.jpg

conv0017_20160621191403812.jpg
ゲルトリート信号所で交換。

conv0026_2016062119172107a.jpg


conv0025_20160621191638af7.jpg
プランアルプ信号所。

conv0031_201606211918573b7.jpg

conv0032_20160621191857dfd.jpg

conv0019_20160621191441857.jpg

conv0020_201606211915109d4.jpg

conv0021_20160621191639a43.jpg
給水設備が有り、給水と点検を行います。

conv0023_20160621191638655.jpg
給水を終え更に登って行きます。

conv0027_20160621191858cd7.jpg

conv0028_20160621191858519.jpg

conv0029_20160621191857769.jpg

conv0046_20160629212916ca6.jpg

conv0043_20160629212917960.jpg

conv0044_2016062921291794a.jpg
彼方に登って来た行跡が観られます。

conv0045_2016062921291676b.jpg

conv0042_20160629212918e15.jpg

conv0030_2016062119185776e.jpg
やっと頂上に到着しました。

山の天気は変わり易く一瞬の内に雲の中。写真撮影も儘ならず頂上のレストランで発車までコーヒー飲んで
山を下りました。














スポンサーサイト
ブリエンツ・ロートホルン鉄道
インターラーケン・オスト駅からツェントラル鉄道(ZB)で20分程のブリエンツ駅で下車すると
ブリエンツ・ロートホルンの山頂を結ぶラック式の登山鉄道、ブリエンツ・ロートホルン鉄道(BRB)が運行しております。
線路延長は7.5㎞,軌間800mm、最大勾配250‰の路線を4両の蒸気機関車と真っ赤な蒲鉾型客車で
山頂のロートホルンクルムまで5月中旬から10月下旬にまで営業しております。。

conv0002_20160621190954754.jpg

conv0001_20160621190955f7b.jpg
ZBのABe130形車両。

conv0035_20160621192326e7e.jpg
De110形EL。

conv0020_201606230904457a8.jpg
牽引されていたゴールデンパスラインのパノラマカー。

conv0004_201606211909542af.jpg

conv0013_20160621191158ff8.jpg

conv0012_20160621191159040.jpg
改札を出て道の向かいにBRBの駅舎があります。

conv0040_2016062119244084e.jpg

conv0034_201606211923267e3.jpg
インターラーケンからの観光船も発着しております。

conv0041_201606211924400b6.jpg
BRBの構内から観たZBのブリエンツ駅、ブリエンツ湖、船着場。

発車まで時間があったので駅員に頼み構内での撮影を快く了承してもらいました。

conv0037_20160621192325ae7.jpg

conv0005_20160621190953a77.jpg
重油焚きのSLで煙の匂いに違和感。

conv0038_20160621192358387.jpg

conv0003_20160621190954788.jpg

conv0009_20160621191037795.jpg

conv0010_201606211911032ff.jpg

conv0008_201606211910377ee.jpg
複雑なリンク装置。

conv0007_20160621191038ecf.jpg
構内の奥に在る車庫。
SLは4両在籍していて乗務員の言葉を借りると、ニュータイプ(重油焚き)3両、オールドタイプ(石炭焚き)が1両だそうです。
残念ながら庫内に入れずオールドタイプを観る事は叶いませんでした。

次回はロートホルンクルムまでのレポートです。














居酒屋のランチ定食 [多古屋]
居酒屋も店舗の有効活用と売上げアップを目指して夜間だけでなく昼にはランチを提供する様になりました。
事ある毎に「反省会」に利用している「居酒屋 多古屋」も例外ではなく、どんな物かとランチを試してみました。

conv0001_2016050318033223d.jpg

conv0011_20160503180332a2d.jpg
夜見る「お品書」とは違い若干入店するのに躊躇しそうでした。
「おかわり自由」とありますが、未だに店が存続しているところを見ると未だフードファイターの来店者は無い様です。

conv0008_20160503180406c94.jpg
本日の日替わり定食を注文。

conv0009_201605031804064d9.jpg
想像して以上に丼のネギトロも良い部位を使っているし量もたっぷりとのっております。
左上の「ソーセージ卵」は、乱切りのソーセージを卵で和えた物でなかなかの味です。
箸休めは夜の部の「お通し」の様でした。

お客は、サラリーマンや若い女性(1名、グループ)、作業員風のグループそして我々の様なプー太郎と
安心して食べられる為か多士に及んでいます。

普段アルコールが入っている瓶、グラスが林立するテーブルでの食事、最初は違和感がありましたが
ボリュームも充分、美味しく又安価で楽しめました。
居酒屋のランチの食べ比べてみるのも面白いと思います。



アーカイブ 或る日の西武鉄道所沢車両工場
1973年5月及び1976年夏頃所沢工場の留置されていた車両です。

conv0002_20160605215753080.jpg

conv0004_20160605215753e85.jpg
甲種回送直前の三岐鉄道向新造のモハ151。1973年5月譲渡。

conv0005_20160605215752479.jpg
小田急電鉄クハ1654をキサハ改造した関東鉄道向キサハ65。1973年5月譲渡。

conv0006_201606052157520da.jpg
三岐鉄道向クハ216、モハ125に改造予定の小田急電鉄クハ2154、デハ2104。
1976年に小田急電鉄クハ2153を改造したクハ215と3両で譲渡。

conv0003_20160605215831a79.jpg

conv0001_201606052158077bf.jpg
クモニ1形荷物電車。

ネガの整理をしおもしろい画像があれば、UPしたいと思います。



ぬか屋農園
昨年の暮れに友人から頂いたタマネギの苗がやっと大きくなった様なので
ほじっつて見ました。

conv0001_20160602105927363.jpg
丈が100mm程の苗が半年程かかり此処まで育ちました。

conv0004_20160602111747d0a.jpg
葉が倒れ地表にタマネギ現れてきた物を掘って見ます。

conv0002_20160602105926ab7.jpg
15株のうち半分程収穫してみたところ若干大きさの差は有るものの
初めてのタマネギ植えにしては満足の出来です。

残りの株はもう少し様子を見て収穫したいと思います。
又収穫したタマネギは風通しの良い日陰で乾かしてからサラダ、カレー、オニオンスライス等
楽しみたいと思います。