ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)
スイスを代表する山岳リゾートを結ぶ鉄道でマッターホルン・ゴッタルゴ鉄道(MGB)とレーティシュ鉄道(RhB)の2社で、
ツェルマットとサンモリッツ間を運行しています。

conv0059_20160127101534ea1.jpg

conv0032_20160127101113e66.jpg
MGBのツェルマット駅。

conv0025_20160127100641d32.jpg
窓には綺麗な花が飾らマッターホルンの頂も観えれスイス感タップリです。
背後にはマッターホルンが望めます。

conv0052_20160127101535b6d.jpg
街中は環境に配慮して電気自動車と馬車が交通機関です。

conv0021_201601271003224f4.jpg
早朝の駅構内。
邪魔される事無く構内独占状態です。

conv0020_20160127100322689.jpg
マッターホルンのロゴ入りのMGBの車両。

conv0026_20160127100640e3a.jpg
氷河急行牽引車

conv0028_20160127100638609.jpg

conv0030_20160127101114bb1.jpg
サロンカー。

conv0027_201601271006401cb.jpg

conv0024_20160127100642223.jpg

conv0029_201601271009234a1.jpg

conv0037_201601271014299d2.jpg
ティシュ駅とツェルマット駅間を運行するシャトル列車。

conv0057_2016012710593989e.jpg
普通列車と氷河急行。

conv0038_201601271014280c9.jpg
普通列車。

conv0031_20160127101114d3e.jpg
出発を待つ氷河急行。

conv0061_2016012714043720b.jpg
サンモリッツに向かうパノラマ車両の氷河急行。

conv0055_20160127101535865.jpg
編成されたレストランカー。

朝の撮影会を終了し一旦朝食の為ホテルに戻ります。













スポンサーサイト
小平神明宮どんど焼
氏神様である「小平神明宮」の正月行事である「どんど焼」が1月17日寒空のもと厳かに行われました。

conv0001_20160117204906c4b.jpg

conv0002_201601172049064c8.jpg
簡単な祭壇にお供えものが供えられ準備完了です。

conv0003_20160117204906c11.jpg

conv0006_201601172049058a7.jpg
竹の先端には球形の松。

conv0004_20160117204951f72.jpg
先ずは、氏子さんをお祓い。

conv0005_20160117205020e7a.jpg
火打石で点火用の種火を起こします。

conv0007_201601172051119d0.jpg
神主による祝詞。

conv0008_20160117205111d78.jpg
氏子総代による玉串奉納。

conv0010_201601172052275da.jpg
種火より点火。

conv0011_20160117205227fed.jpg

conv0012_201601172053052c6.jpg

conv0013_2016011720540851a.jpg
あっという間に燃え上がり炎の熱が伝わって来ます。
更に竹の節が爆発した様に破裂します。

conv0014_20160117205442575.jpg

conv0022_201601172055109b0.jpg
参拝者全員にに繭玉(オモチ)とミカンが配られました。

conv0015_201601172056304e9.jpg

conv0016_20160117205630db6.jpg
繭玉を木に枝に刺します。

conv0017_20160117205629661.jpg

conv0018_2016011720562975b.jpg

conv0021_20160117205650187.jpg
繭玉をお焚きあげの火で炙り頂きます。

私も縁起の良い繭玉を炙り頂いて来ました。

相互直通運転
1970年台の初めの頃、東京近郊の鉄道会社の
オーナーの定例会のなかで相互直通運転の車両を製作しようと言う話が
持ちあがり下記の様な共通スペックを基に各社それぞれの車両を作りました。

「基本スペック」
① 車体長 18m車両
② 側出入口数 片側 3枚
③ 軌間 16.5mm
④ 非常用貫通扉の設置
⑤ 電動車比率 75%以上
⑥ 鋼板、ステンレス、アルミ等問わず

他にも何点か在った様ですが古い話で失念しました。

弊社は、ステンレス車体のMc1-M1-M2-Mc2のオールМ車で
8個モーター制御の制御器、電気ブレーキを備えた高加速、高減速の車両
又当時としては画期的な「一段下降式窓」を採用したというイメージです。

conv0016_20160115141129e16.jpg

conv0015_20160115141130377.jpg

conv0011_20160115141433d0e.jpg

conv0001_20160115141433525.jpg

conv0004_20160115141432898.jpg

conv0005_2016011514143150e.jpg
Mc車のサイド。

conv0002_20160115141432074.jpg

conv0003_201601151414326da.jpg
M車のサイド。

conv0014_20160115141505353.jpg
集電装置周り。

40数年も休眠状態でしたが、2016年再度会社再建し車両の増備を行い
たいと思っております。












初詣
昨日で子供や孫達の来宅の嵐が収まりやっと落ち着いたところで
地元の神社、「小平神明宮」に初詣に行って来ました。

小平神明宮は、350年以上前の寛文元年(1661年)江戸と青梅を結ぶ
青梅街道沿いの新田開発にあたり、開拓者の守護神として「神明様」が
敬拝されている神社です。

conv0002_2016010320555868b.jpg

conv0006_201601032056460f5.jpg
青梅街道側の正面の鳥居をくぐると「茅の輪」と言う竹製のアーチが在ります。
此のアーチを8の字を描く様に周り先に進みます。

conv0009_20160103205646524.jpg
先ずは手を清めます。

conv0015_20160103205731d5a.jpg
本殿。
3日にもなると落ちついてお参りが出来ます。

conv0017_20160103205803252.jpg

conv0019_20160103205850219.jpg


conv0013_20160103205732d60.jpg


conv0018_20160103205850fb2.jpg
塩を一掴み湯の沸いている釜に入れ笹竹でお祓いします。

初詣が終わり年始の行事も一段落しました。







謹賀新年
conv0001_2015120820062216e.jpg
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
平成28年元旦

ぬか屋