ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



JR東日本 E491系事業車両
中央線東小金井駅の中線で快速電車の退避待ちを
していた事業車両を偶然撮影出来ました。

E491系は、JR東日本の交直両用の検測車両で
「EastiーE」の愛称を持っています。
「Easti」シリーズには、新幹線用、非電化区間用とあります。
検測内容は、クモヤ 信号・通信関係、モヤ 電力関係、クヤ 軌道関係を
分担測定しております。

conv0007_20130131194607.jpg
ロゴマーク

conv0003_20130131175432.jpg
編成は上り方より、クモヤE491-モヤE490-クヤE490の2M1Tの3両編成です。

モヤとクヤの間に建築限界測定車のマヤ50を連結しての運用が多いです。

conv0004_20130131175431.jpg
客車改造の昔の建築限界測定車はハリネズミ様で「花魁」と呼ばれていましたが、
光を照射し測定するハイテク車両は何と呼んだら良いでしょうか?

conv0001_20130131175431.jpg
下り方クヤE490 前面にカメラが付いておりました。

conv0006_20130131175429.jpg
クヤの台車 軌道検測用だけにかなりイロイロな物が付いておりました。
スポンサーサイト
独逸・瑞西・リヒテンシュタイン・仏蘭西・英国周遊 ④
ハイデルベルグは、バーデンヴュルテンベルグ州の町で
ネッカー川沿いに拓け、ドイツで最も古い大学
ルーブレヒト・カールス大学で有名です。

conv0001_20130120100226.jpg
ネッカー川の南岸に広がるアルシュタット(旧市街)の案内板

conv0002_20130120100226.jpg
カール・デオドール橋

conv0011_20130120100359.jpg
橋の上に建つカール・デオドールの像

conv0003_20130120100226.jpg

conv0004_20130120100226.jpg
橋のたもとにアルテ・ブリュッケの猿のオブジェと意味不明のオブジェ(傍に2匹のネズミ?)

conv0010_20130120100358.jpg

conv0012_20130120100358.jpg
カール・デオドール橋の門塔

次回は旧市街を散策してみます。






独逸・瑞西・リヒテンシュタイン・仏蘭西・英国周遊 ③

ハイデルベルグ城はプファルツの国を治める選帝侯の居城でした。
17世紀の2度の戦で破壊せれ、修復工事中落雷で炎上し
修復は中止されました。
廃墟になった城は、古城としてBaden-WurttemBerg州の
文化遺跡として保存されています。

conv0002_20130114155224.jpg
ハイデルベルグ城の案内図
バーデンヴュッテンブルグ州の文化財(遺跡)と記してあります。

conv0001_20130114160227.jpg

conv0006_20130114160255.jpg
「エリザベス門」と言われ、フリードリッヒ5世が、英国生まれのエリザベス・スチュワート妃の為に造ったと言われております。

conv0009_20130114161215.jpg
昔は「橋の館」といわれていたが、今は、チケット売場でおじさんが笑顔で迎えてくれました。

conv0003_20130114161003.jpg

conv0012_20130114160424.jpg
conv0008_20130114161442.jpg
更に進むと「城門塔」獅子のレリーフの下をとうり中庭へ。
堀に架かる石橋、昔は跳ね橋あったとの事です。

conv0017_20130114161844.jpg

conv0022_20130114161922.jpg
上から鉄柵が降りてきて敵の侵入を防ぐ。

conv0027_20130114162409.jpg

conv0011_20130114193248.jpg
ルプレヒト館の入口に2人の花環を持った天使の彫刻が掲げられている。

conv0015_20130114161818.jpg
フリードリッヒ館(左)とオットー・ハインリッヒ館(右)

conv0028_20130114162409.jpg
1607年にフリードリッヒ4世により建てられたフリードリッヒ館

conv0023_20130114162629.jpg

conv0029_20130114162452.jpg
1546年オットウー・ハインリッヒにより造られたオットーハインリッヒ館。
この地階には、ドイツ薬事博物館があり、薬と医学の貴重な資料が保管されている。

conv0014_20130114162209.jpg
飲料出来ない水飲場。

conv0016_20130114161602.jpg

conv0010_20130114161534.jpg
プファルツ選帝侯フリードリッヒ2世と思われる像

conv0020_20130114162106.jpg
ワイン樽は、1751年カール・テオドールが造った物で、直径7メートル、長さ5メートルあり、222,000リットルの容量で
木製の樽としては世界一といわれています。

conv0019_20130114162042.jpg
conv0021_20130114162124.jpg
樽の反対側の壁にコンパスと鉋が飾られています。
この樽を造った時に使われた物です。
その下に人の人形がありますが、「ペルケオ」というイタリア出身の道化師です。

conv0024_20130114162601.jpg

conv0007_20130114161357.jpg

conv0005_20130114161340.jpg
17世紀の2度の戦争や修復工事も出来ず廃墟の様なハイデルベルグ城ですが、州により管理されて
おりこれ以上荒廃しない事を希望したいです。

次回は、旧市街を散策します。










独逸・瑞西・リヒテンシュタイン・仏蘭西・英国周遊 ②
宿泊したホテルルードヴィヒスハーフェンはルードヴィヒスハーフェン中央駅
の前という鉄ちゃんにとってはベストのロケーションでしたが、
此の時期になると日の出、日没が早く、きつい撮影となりました。

conv0018_20121123174423.jpg
ホテルルードヴィヒスハーフェン

此の地域はインフラ整備工事が終了した直後の様で駅前広場は未だ
閑散としております。
駅も以前は終着駅の形態をとっていた様ですが、インフラ整備工事に伴い
地上ホームと高架ホームとあり番線も15番位あり、3方向に分かれるジャンクション駅
です。

conv0016_20121123174424.jpg
ルードヴィヒスハーフェン中央駅

conv0014_20121123174538.jpg

conv0013_20121123174422.jpg
地上ホーム 右上は駅を跨ぐ幹線道路

conv0008_20121123174423.jpg

conv0012_20121123174422.jpg
高架ホーム

conv0009_20121123174538.jpg
駅構内にメルクリンのレイアウト(3000x2000位) ICEが疾走して居ります。 流石独逸。

駅前広場の地下にトラムの駅がありました。
  
conv0015_20121123174537.jpg
路線図

conv0010_20121123174537.jpg

conv0011_20121123174537.jpg
乗務員は女性です。

次回は、ハイデルベルグに移動します。


謹賀新年


i20120606-253.jpg

拙いブログですが本年も御贔屓賜りますようお願い致します。

ぬか屋