ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011年 秋 ドイツの旅⑰ [2011年9月12日]
ドリスデンのトラムは此の規模の都市としてはかなり長い
総延長130km余りの路線を交通企業体が運営して
おります。

車両はかっては東欧のタトラ社製の「タトラカー」が主力でしたが
統一後は超低床車のシーメンス社製の「コンビーノ」やボンバルディア社製の
「フレキシティ・クラシック」が投入されていました。
利用者が多い為、長編成も運行されております。

旧市街地区を行くトラム
前面には、ドリスデンの紋章

conv0001_20120416141640.jpg

conv0002_20120416141711.jpg

conv0003_20120416141737.jpg

エルベ川に架かるアウグストッス橋を渡り旧市街地区ヘ

conv0014_20120416221050.jpg

conv0055.jpg

conv0011_20120416220846.jpg

conv0013_20120416221050.jpg

conv0012_20120416220844.jpg

conv0008_20120416221507.jpg

ツヴィンガー宮殿前のお濠端を・・・
昔、外堀脇を走行していた都電を思いだしました。

conv0007_20120416221508.jpg

オペラハウス、ドリスデン城、ツヴィンガー宮殿など中世の街並みに
トラムは、実にマッチしております。

conv0016_20120416221940.jpg

conv0036_20120416223920.jpg

conv0009_20120416221940.jpg


conv0017_20120416222222.jpg

conv0010_20120416222639.jpg

conv0032_20120416223656.jpg

conv0031_20120416223657.jpg

conv0030_20120416223657.jpg

観光馬車とのすれ違いも画になります。

conv0029_20120416223657.jpg

conv0028_20120416223658.jpg

conv0004_20120416223658.jpg

後ろの建物は、カフェ・シンケルヴァッヘという喫茶店

conv0035_20120416223923.jpg

conv0034_20120416223923.jpg

conv0033_20120416223923.jpg

ポスト広場に移動してみます。

conv0023_20120416224627.jpg

バスもトラムと停留所を共同使用しております。

conv0021_20120416224626.jpg

conv0022_20120416224627.jpg

conv0020_20120416224628.jpg

conv0019_20120416224628.jpg

conv0018_20120416224628.jpg

conv0027_20120416224739.jpg

conv0026_20120416224743.jpg

conv0025_20120416224743.jpg

conv0024_20120416224743.jpg

ドリスデンのトラムには、VWの工場ヘ資材搬入用の電車方式の
貨物列車「カーゴトラム」が運行されております。
運行時間も解らずにVWの工場につながる方面に
移動しました。

conv0042.jpg

conv0041_20120416225106.jpg

conv0040_20120416225106.jpg

conv0039_20120416225106.jpg

conv0038.jpg

conv0037_20120416225106.jpg

conv0047.jpg

conv0046.jpg

conv0045_20120416225259.jpg

conv0044_20120416225259.jpg

conv0043_20120416225259.jpg

conv0050.jpg

conv0049.jpg

conv0048.jpg

conv0047_20120416225808.jpg

conv0004_20120423223928.jpg

conv0001_20120423223953.jpg


カーゴトラムが来る事を願っておりましたが逢えませんでした。
時間もチェックせずに行き当りバッタリでは無理ですね。
新旧の市街地を往くドリスデンのトラムは飽きませんでした。

次はバンベルグからローデンブルグに向います。















スポンサーサイト
2011年 秋 ドイツの旅⑯ [2011年9月12日]
前回に引き続き旧市内を巡って観ます。

「君主の行列」という壮大な壁画。
ザクセン君主の騎馬像や、時代を飾った芸術家ら総勢93名が
描かれております。
タイルは25000枚位使われており、戦火を奇跡的に免れたそうです。


conv0024_20120405222737.jpg

conv0026_20120405222820.jpg

ブリュールのテラスからの景観

conv0035_20120410213515.jpg


conv0019_20120405222533.jpg

conv0020_20120405222550.jpg

再建されたフラウエン教会とルター像

conv0040_20120410210618.jpg


conv0023_20120405222703.jpg

エルベ川 カローラ橋を渡るトラム
後ろは、ザクセン州首相府

conv0021_20120405222622.jpg


ドリスデン城内は、ザクセン家の宝物館となっつております。

conv0027_20120405222834.jpg

conv0028_20120405222851.jpg

conv0029_20120405222918.jpg

中世の街並を行くトラム

conv0030_20120405222939.jpg

ドリスデン城

conv0033_20120410213347.jpg

conv0034_20120410213419.jpg

街並にピッツタリの観光馬車

conv0045.jpg

DVB(公共交通機関)の市内周遊券売りのおばさんのリヤカー。
下の方に小さく日の丸が描いて有り日本語もOKなのでしょうか。

conv0044.jpg

市庁舎 後ろの塔は聖十字架教会

conv0043.jpg

次回はカラフルなトラムを追ってみます。







2011年 秋 ドイツの旅 ⑮ [2011年9月12日]
かつて「百塔の都」とうたわれたドリスデンは、
中世にはエルベ川の水路を利用した商業都市として
発展し、ザクセン王国の首都として繁栄しました。
第2次大戦で壊滅的に破壊されるも工業都市として
発展し、東西ドイツ統一後は歴史的建造物が再建
されるなど、「エルベ川のフィレンツェ」と呼ばれる
美しい街並みがよみがえりました。

ドリスデン城
conv0001_20120405221319.jpg

ツヴィンガー宮殿

conv0002_20120405221409.jpg

conv0003_20120405221433.jpg

conv0004_20120405221503.jpg

堀を渡り宮殿中庭入口の「王冠の門」

conv0005_20120405221555.jpg

ツヴィンガー城内にあるヨーロッパの古典絵画の名品を所蔵する
アルテ・マイスター絵画館です。

conv0006_20120405221611.jpg

conv0007_20120405221635.jpg

旧宮廷教会(大聖堂)
プロテスタントの地域であったが、アウグスト1世がカトリックに改宗した事から
その息子によりカトリック教会として建てられた。
屋根上に立ち並ぶ78体の聖人の石像は壮観です。

conv0009_20120405221731.jpg

conv0018_20120405222508.jpg

conv0017_20120405222448.jpg

ゼンパーオペラ(ザクセン州立歌劇場)
ヨーロッパ屈指のオペラハウスです。

conv0012_20120405221930.jpg

conv0015_20120405222205.jpg

次回、更に街を観て歩きます。