fc2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



カルディ・トラム 2次車
衝動買いした小型のカルディ・トラムを16.5mmの軌道で走行させるべく
遊んでみました。

conv0001_20240301160058922.jpg

conv0002_20240301160055d5b.jpg
ダミーの車輪を取り外し駆動装置がセット出来る様、床板加工ます。
駆動装置は天賞堂の31mmのパワートラック。

conv0006_20240301160045ed3.jpg
腰板部に鉛の帯板をウエイトとして接着します。

conv0003_202403011600535b0.jpg
0.7mm真鍮板でパワートラの基板を製作。

conv0004_20240301160050707.jpg

conv0005_20240301160048914.jpg
スペーサーで床面高さ調整、首振り、おじぎ等抑制措置を施します。

conv0008_202403011601498c9.jpg
18インチのエンドレスでの試運転も良好。

conv0007_20240301160152440.jpg
てな事で衝動買いのトラムもお蔵入りにならず駆動化完了しました。

いずれは鉄孫に譲渡されるでしょう。



スポンサーサイト



衝動買い
偶々珈琲豆店の前を通り掛かり、思わず足を止めて
しまいました。

conv0003_202402171258590de.jpg

conv0001_2024021712590232f.jpg

conv0002_20240217125900fe5.jpg
バレンタインの企画商品のカメラとともに、見たことが有る小振りのトラムが
山ほど積まれてました。
衝動的に手持ちのパワトラで可動化させ様と思い購入しました。

conv0004_20240217125857fe8.jpg

conv0007_20240217125953d7c.jpg
例によってチョコが3個。

conv0006_20240217125853f15.jpg
大きさは前回(2022年)発売の物より二回り位小振りです。

conv0005_202402171258551f7.jpg

conv0010_20240217125951bc9.jpg
全長 50mm、全幅 10mm、高さ 30mm位小さいです。
1/45と1/80の中間位なので軌間16.5mmでの可動化に着手します。







60年振りの懇親会
昨年秋、鉄道模型の個展が開催され、其れが基で60年前の仲間が
集合し、懇親会を行い昔話に花を咲かせました。

conv0014_20240204144614578.jpg

conv0015_20240204144612999.jpg
第1次会場は、新宿西口「鳥元」
会食をしながらの思いで話に時の経つのを忘れる程で店員から
「お客さ~ん、時間ですよ」と声を掛けられる程で写真を撮り損ねました。

conv0013_20240204144609cec.jpg
2次会会場はスペイン料理店「Rico]。

此処で披露された個展で展示された9mmゲージの機関車。

conv0001_202402041446074cf.jpg

conv0003_2024020414460310c.jpg

conv0004_20240204144847490.jpg

conv0006_20240204144844c39.jpg

conv0002_20240204144604444.jpg
終電効果を高める為、イコザイザー付きで、リベットも手打ちとは思えない
緻密さで、ため息しか出ません。
すっかり触発されました。

conv0009_20240204144842213.jpg
手に取り被り付きで鑑賞。

conv0011_202402041448398f9.jpg
思い出した様にお店の方にシャッターをきってもらいました。

次回も元気で集まる事を祈念し、5時間近く行われた懇親会も
お開きになりました。



(続) 雄洋炭鉱鉄道
自宅の庭の一部にレイアウト専用の建屋の中に北海道の炭鉱をテーマにした
7mx3mオーバーの巨大なレイアウトが雄洋炭鉱鉄道です。

conv0015_202312181434480ac.jpg
畳半畳以上も在る制御卓。

conv0001_202312181431514af.jpg
炭鉱線の機関区。

conv0002_20231218143148ed5.jpg
炭鉱ヤード。

conv0003_202312181431466b9.jpg
右側から採掘した石炭をホッパーでセキ車に。

conv0004_2023121814314375b.jpg

conv0022_20231218143747d2c.jpg

conv0009_2023121814332119b.jpg
雄洋炭鉱線と国鉄との連絡駅。
炭鉱線と国鉄線が上手に接続されて居ります。

conv0019_20231218143754800.jpg

conv0020_20231218143752cf0.jpg
丘の上には炭鉱住宅が。

conv0016_20231218143445e0b.jpg
炭鉱山線を往くⅭタンクの重連貨物。

conv0014_2023121814345056c.jpg
炭鉱ヤード接続の信号所で信号待ち。

conv0017_2023121814343366a.jpg

conv0011_20231218143319f65.jpg
中央線三鷹の跨線橋を彷彿とさせます。

conv0013_20231218143452e16.jpg
炭鉱ヤードでひと際目立つホッパー。
此処でセキ車に積みこみ中央の駅で国鉄を通じて出荷して行きます。

conv0024_202312181437420a1.jpg
雄洋炭鉱鉄道株式会社の工務部課長のT氏。

オーナーさまには、今回お邪魔するに当たり線路の保守等運転に支障の無い様整備して
頂き感謝致します。





















雄洋炭鉱鉄道
鉄道模型の先輩の鉄道にお邪魔しレイアウトの見学、
気動車の走行試験をさせて頂きました。

conv0015_20231207121822987.jpg
レイアウトには立派なエッチングによる社名が掲げられております。

conv0016_20231207121819ee5.jpg
先般塗装し取り敢えず完成した、昔購入した珊瑚製キットを組んだキハ05,07。

conv0001_20231207121411f54.jpg

conv0005_2023120712140194f.jpg

conv0007_202312071213589b9.jpg

conv0009_202312071216375b2.jpg

conv0012_2023120712162995c.jpg
背後にはセキ車に石炭を積みこむ大きなホッパーがあります。

conv0011_202312071216322a0.jpg
炭鉱をモチーフにしたレイアウトにクリームとオレンジの車両がひと際目立ちます。

conv0002_20231207121408bb8.jpg

conv0003_202312071214061a8.jpg

conv0004_202312071214034e6.jpg

conv0014_20231207121823c89.jpg
4110が牽引するセキ車と並走。

conv0008_2023120712163969d.jpg

conv0010_20231207121634f32.jpg
炭鉱鉄道のレイアウトには、旧塗色が合います。

試運転もキハ07のギャのロックネジが弛んだトラブルが在りましたが、無事走行試験
も終了しました。

次回は雄洋炭鉱鉄道を紹介したいと思います。











国鉄 キハ05、07 塗装
台風も去り、若干涼しくなった所で塗料等購入し塗装しました。

conv0001_20230911195759ed0.jpg

conv0002_20230911195756d2a.jpg

conv0003_20230911195755118.jpg
プライマー、艶消し剤、塗料を準備。

conv0004_20230911195753055.jpg
窓回りから塗装。
キハ05は黄褐色、キハ07はクリーム4号。

conv0006_20230911195747af0.jpg

conv0005_20230911195750715.jpg
腰周りを塗装。
色違いを1両ずつでは準備と後始末で効率が悪いので
予備の壜で対応。

conv0008_20230911195843370.jpg

conv0007_20230911195845b0b.jpg

conv0009_202309111958407af.jpg

conv0010_2023091119583842e.jpg
屋根を塗り、コック、尾灯等色を差し、取り敢えず完了とし
時期を見て窓セルを入れる予定です。








続きを読む
国鉄 キハ05、07
40数年前に購入、組立てのたまま完成に至らず塩漬になっていた珊瑚模型製の
キハ05、07を纏めてみました。

conv0001_20230904134641625.jpg

conv0005_20230904134422bc0.jpg

conv0002_20230904134638b98.jpg
プレスの安っぽいベンチレターはダイキャストのベンチレターと交換。

conv0003_20230904141438eb4.jpg
走り装置はジャンク箱から同等なモーターとウォームギャで済ませました。

conv0009_20230904134429895.jpg

conv0010_20230904134427265.jpg
お寺の運転会で走行確認。
先ずは、期待通りの走りでした。

conv0007_20230904134636a37.jpg
キハ05用の円板型の尾灯が無く一時作業ストップ。

conv0008_20230904134633f13.jpg
昔、フクシマ模型でキハ05、07を販売していた事を思い出し、非売品で分販しおりませんが、
キハ05用の純正品の尾灯を伝手を頼って分けて頂きました。

conv0013_20230904134631d39.jpg
空気ホース、尾灯が付くと締まります。

conv0014_20230904134628e3c.jpg
キハ07も空気ホース(2本)付け、完成とし、塗料購入待ちとします。





お寺で運転会 2023 ②
前回の既報でNHKの取材がありWebニュースでの運転会での模様が
朝のニュースで放映されたC58牽引列車のTV画面よりの画像を記載いたします。

conv0010_20230830145951475.jpg

conv0001_202308292010254fc.jpg

conv0008_20230829201205c4b.jpg

conv0005_20230829201022e1e.jpg

conv0003_2023082920102412f.jpg

conv0004_20230829201023d0a.jpg
空転もせずしっかりとした走行が放映されました。



お寺で運転会 2023 ①
本年も白河での運転会にお誘いを受け楽しく参加させて頂きました。

conv0003_202308281950304b2.jpg
東北本線白河駅。

conv0008_20230828195141428.jpg

conv0001_20230828195029fc1.jpg
新白河駅長さんを迎え予定通り13:00からのテープカット。
華々しく開会セレモニーが行われました。

conv0002_2023082819502853b.jpg

conv0005_20230828195023784.jpg
取材に来られたNHKのカメラマンさん。

C58の牽引列車の走行をリクエストし、確りと収めて貰いました。
conv0004_20230828195026307.jpg

conv0006_20230828195021a6c.jpg

conv0007_202308281951430bc.jpg
住職のインタビュー画像とともに撮って頂いたぬか屋のC58の牽く列車の雄姿も
福島のローカルニュースで放映されました。(ぬか屋は、翌朝6時55分頃からの
ローカルニュースで確認致しました。)

今回持参した電車は、オレンジ色の中央線。

conv0001_2023082820264799a.jpg

conv0002_202308282026446cd.jpg
御本尊の前で「機関車トーマス」と擦れ違い。
模型ならではの画像です。

conv0004_202308282026433c5.jpg

今年の運転会でのベストショットです。

conv0005_2023082820264214f.jpg

conv0006_20230828202640db2.jpg
派手な塗色は小さい子供の眼を惹き、興味を持たせる様で、嬉しそうな顔や
生れて初めて電車の模型を観る表情は大人を和ませてくれます。











国際鉄道模型コンベンション
表題のイベントに「零番三線式の会」のレイアウトでモハメイドペーパーさんが
竣工させたED31の牽引車両として、コキ、コキフを持ち込ませて頂きました。


conv0007_20230821083708869.jpg

conv0006_202308210837059cb.jpg

conv0004_20230821083703517.jpg

conv0003_202308210837027d7.jpg

conv0002_2023082108370105d.jpg

conv0001_20230821083701e39.jpg
Ⅾクラスとなるとこの位の量数を牽かないと様にならない様です。

走行させている間、各ブースを巡り何社の旧知の出展業者の方々と旧交を
温める事が出来満足したひと時を過ごす事が出来ました。









Oゲージ車両 試運転
客車5両完成し、電機の牽引力を実証する為、試運転を行いました。

conv0018_20230709130627136.jpg

conv0001_202307091303008fa.jpg

conv0009_20230709130443594.jpg

conv0010_202307091304408e0.jpg
コキ車の5両は軽快に走行。

conv0011_2023070913060816b.jpg

conv0014_20230709130604ded.jpg

conv0006_202307091304463e7.jpg
客車も問題ありません。

conv0019_202307091302531ab.jpg

conv0002_20230709130258ea5.jpg

conv0003_2023070913025734d.jpg
conv0004_20230709130256e77.jpg
conv0005_202307091302559da.jpg
10両も簡単に牽き出しました。
実車速度、100km/h超えのスピードで快走し、ギャラリーから感嘆の声が上がりました。

conv0008_20230709130444078.jpg

conv0016_20230709130600a2f.jpg

conv0017_20230709130558286.jpg

conv0015_2023070913060276a.jpg

全長約60m,最小半径3,500mmの平坦のエンドレスでの走行試験でしたが、脱線もせず、
計算通りの牽引力等作者の意図通りの性能を発揮してくれました。



































牽引力測定器
多摩中央鉄道保有の牽引力測定器で先般重量増加した
C58蒸機を含め手持ちの一部車両の牽引力を測定して視ました。

測定器はバネ秤で、吊るして測る物を横にして使用したり、目盛りもアナログで正確に
読み取れませんがアバウトな数値と云う事で承知して下さい。

conv0005_20230620140317161.jpg

conv0006_2023062014031956b.jpg
平坦と5%の勾配での牽引力を測定。

conv0009_20230620140415f13.jpg

conv0007_202306201404184e8.jpg
5%勾配はこんな感じです。

conv0004_202306201403183c7.jpg

Oゲージ車両も測定。

conv0002_20230620140324d49.jpg

conv0008_202306201404168f4.jpg
被牽引車両は平坦では殆ど抵抗なく牽き出せます。
軸受けはプレーンです。

conv0007_20230620181417a5d.jpg
5%勾配で若干振れる程度です。

conv0021_2023062017485259d.jpg
まとめた表です。
客車の数値は牽引より抵抗と云った方が好いかも知れません。
又、測定器がアナログなので客車の抵抗は大きめに5gfと設定しました。

1/80、16.5mmの場合、50gf以上の牽引力が在れば、8~10両位は
牽けそうです。
1/45、32mmでは車輪径、メッキ無しの車輪等粘着力が良いのかも
しれません。












Ⅽ58型機関車 ウエイト増量
昨年暮れ、田舎の運転会でⅭ58とペーパー客車(8両)走行させた所、全くの牽引力不足で
半分に減車して辛うじて走行しました。

conv0005_2023060720432385a.jpg

conv0006_20230607204321c40.jpg
半世紀以上前に入手した、宮沢製Ⅽ58と小高のオハ35形のペーパーキット。

第一、第三動輪に重量が掛る様余って居た鉛を詰めました。

conv0001_20230607204331731.jpg

conv0002_20230607204329e0f.jpg

conv0009_202306072044137fc.jpg

conv0003_2023060720432689b.jpg

conv0004_20230607204324f44.jpg
台枠の間、シリンダーブロック、モーションプレート上部、キャブ内部と可動に支障しない範囲内で
詰めるだけ積み増した。

conv0007_202306072044164eb.jpg
黒艶消しを一吹き。

conv0011_20230607213321960.jpg
詰めこみ前の重量計り損ないましたが、完成後は、484gと持った感じで可成り
重量増した様です。

conv0010_202306072122144ef.jpg
完成画像を撮って一先ず終了です。





Oゲージ客車を造る ⑤
猛暑も落ち着き0ゲージ客車梅雨入り前の最後の塗装日和と成りました。

conv0001_20230518220127c07.jpg

conv0002_20230518220124aa0.jpg
奇を衒う事なく定石通り屋根を銀、側出入口、貫通扉は、クリームとし
又、塗り分け位置を屋根と幕板の境目依り若干下げました。

側窓がイメージ通りで無いのでサッシをカラスで入れます。

conv0005_20230518220100ff6.jpg
久々に引っ張り出して来た製図道具。

conv0003_20230518220122138.jpg
側窓廻りがグッと締まりました。

conv0004_202305182201191da.jpg
渡り板を其れらしく製作。

conv0011_20230518220247ab5.jpg

conv0012_2023051822024443b.jpg
窓を入れ後部標識灯をセットすると何とかイメージ通りに仕上がりました。

conv0014_20230519211040dc0.jpg

conv0015_20230519211037f9a.jpg
昨年竣工した同系色の凸型機関車に牽かせても違和感有りません。

これで多摩中央鉄道のOゲーージの保有台数は
機関車1両、客車5両、コンテナ貨車5両、トラム2両の13両になりました。












塗装日和
天候に恵まれたGW、滞っていた模型の塗装を行いました。

先ずは、0番ゲージの客車でなかなか色が決まりませんでしたが、有り合わせの
色を調合しました。

conv0006_202305051924323ac.jpg
昨年製作した機関車の余りの塗料に黒を混ぜ深緑を基調としました。
側出入り口の色を明るい色にし、屋根との境をどの位置にするか乾燥するまで
検討です。

トフも塗装します。

conv0002_20230505192441ad3.jpg

conv0003_2023050519243844e.jpg
つや消し黒一色なので楽です。

conv0005_202305051924335a3.jpg

conv0004_202305051924364db.jpg
レタリングを入れ、採石を積み込み完成としました。

天気が安定している内に客車も塗装完成させたいと思っております。





トフ 1の塗装(甲府モデル製)
甲府モデル製ペーパーキットが取敢えず完成したので、塗装してみました。

conv0007_20230412113220d21.jpg

conv0004_20230412113225aee.jpg
煽り戸等木製部の筋が塗装で埋まると思われてましたが、比較的良い状態で
残りました。

conv0002_202304121132304b0.jpg

conv0005_2023041211322234b.jpg

conv0003_2023041211322749f.jpg
多摩川線とするか、相模鉄道とするか砕石積めば何処でもOKです。

塗装前は気が付かなかった接着材のはみ出しを修正し完成とする予定で
更に、ワールド工芸のトフも近次か塗装予定です。
ワールド工芸 トフ 1を造る ①
天気が安定せずOゲージ車両の塗装も足踏みしてしている為
ワールド工芸製のトフ 1のキットを組み始めました。

conv0001_2023032621014055d.jpg

conv0002_2023032621013710f.jpg
あおり戸にヒンジを半田付け。

conv0003_202303262101352f7.jpg

conv0004_202303262101339ed.jpg
荷台を組み立て。

conv0005_202303262101312d5.jpg

conv0006_202303262101297ca.jpg
キャブと荷台を歪み等無い様組立てます。

conv0007_2023032621024662b.jpg
キャブと荷台が歪み等無い様組み立て。

conv0010_20230326210241313.jpg
あおり戸の受けを付けると貨車らしく成ります。

conv0008_2023032621042213a.jpg
足回りの部材を組立てておきます。

conv0009_20230326210243dd7.jpg
足回りを仮組みし動きを確認します。

conv0011_20230326210239db2.jpg
軸受け穴を若干座繰り軸受穴を修正しスムースな転がり、床面高さ等
確認します。

後は、最低限のブレーキ装置、連結器等を付けて完成予定です。







トフ1型無蓋緩急車
OER3001氏がブログ・アップされていた小田急トフ102を観て当社でも、
欲しく成りなりキットを紹介して頂き、組んでみました。

conv0006_2023030613460894a.jpg
購入したのは、甲府モデルの「私鉄トフA」です。

如何なる物か組んでみました。

conv0003_202303061346152ad.jpg

conv0004_2023030613461288c.jpg
簡単な組立て図と部品表。

conv0001_20230306134618989.jpg
台紙と印刷された表紙との張り合せは表紙が伸び無い様糊の貼付に気をつけないと
寸法が変わってしまいます。

conv0002_202303061346174af.jpg
立体感の在る軸受。

conv0007_20230306142321b76.jpg
足回り。

conv0009_2023030614231699b.jpg
2日程で組み上がり走行は問題ありません。
しかし、木造車としての羽目板の筋も、リベットも印刷で立体感は無く
此のまま塗装すると鋼板車に成ってしまいますのでどの様に処理するか決まるまで
塗装は暫らくお預けとします。

同時にワールド工芸のキットも購入しました。

conv0010_20230306134922f21.jpg
ノンビリと組む予定です。




Oゲージ客車を造る ⑥
前回の製作記で、妻部(幌)工作で突っ込みを受けOER3001さまから画像を
送付して頂き、又ぬか屋のアルバムから画像を見つけそれらを基に手直し致しました。

conv0026_20230221202859f4c.jpg
OER3001さまに頂いた画像。

conv0025_20230221202900cd5.jpg
ブダペスト中央駅似て。

conv0019_202302210944263fb.jpg
上記画像を参考に幌、渡り板、尾灯等其れらしく手直し。

conv0020_202302210944248d3.jpg
Φ3の赤色LEDで尾灯を工作。

conv0024_20230221094418a9d.jpg
台車のセンターピンだけでは点灯が不安定の為、集電効率上げるべく上心皿(?)に
リン青銅青銅を貼付。

conv0021_20230221094422e3d.jpg

conv0022_20230221094419460.jpg
点灯が安定しました。
光の漏れは、最後に遮蔽処理致します。

後は塗装だけですが、イメージは固まりましたが有り合わせの塗料で足りるかどうか
基となる塗料購入し調合しなければと思って居ります。






Oゲージ客車を造る ⑤
進展が滞っている自由型客車ですが、床下関係を進めました。

conv0008_20230201103346cd7.jpg
空気ダメは角材をボール盤でレースし其れらしく。

conv0001_20230201103250573.jpg
箱類も適当に。

conv0009_20230201103344710.jpg

conv0003_20230201103247aba.jpg

conv0004_20230201103245433.jpg
在り合わせのグレーで足回りを塗装。

conv0010_20230201103343ee2.jpg
其れらしく床下に配置。

conv0002_202302011032481bc.jpg

conv0007_202302011032420e2.jpg
幌も5mmの角材で其れらしく。

conv0005_20230201103244ae3.jpg
軌条面状の床面、連結器、屋根高さを再確認。

ここ迄予定通り納まりました。
後は車体の塗装ですが、在り合せの塗色でイメージ通りの車体に成るか
思案中で、車体のカラーリングには無い頭絞る様です。






Oゲージ客車を造る ④
客車ボデーも6面体まで進みましたが、車体長が作者のイメージと合わず違和を感じ
又、牽引車とのバランスも考慮し車体長2500mm程伸長すべく改造致しました。

conv0001_202301151250173e7.jpg
元の15mクラス車体。

conv0002_202301151250167ad.jpg

conv0005_202301151250141ac.jpg
車体を切断し、窓2個分伸長。

conv0003_20230115125016af7.jpg

conv0004_20230115125014b26.jpg
歪みの無い様定盤上で組直し。

conv0014_20230115125012c1d.jpg
パテで繫ぎ目を修正。

conv0017_20230116113522def.jpg
エアコンを取りつけ。

conv0013_20230115125117811.jpg
伸長改造終了した所で、塗色を考えます。


Oゲージ客車を造る ③
作業が進まず遅れて居た工作もとりあえず6面体まで進みました。

conv0001_20221012172311d0d.jpg
作業工具は此れ。
上から大荒目、荒目、中目の切削道具。大荒めは降ろし金の様です。

conv0002_202210161912599e9.jpg

conv0003_2022101217230863a.jpg
大荒目でザックリ削り荒目、中目で仕上げて行きます。

conv0005_202210161912567f4.jpg
パテとサフェーサーを塗布しある程度磨いておきます。

conv0006_20221016191255ff2.jpg
2液混合の接着剤で車体と接合し一晩重しを乗せておきます。

conv0008_20221016191253b35.jpg

conv0009_20221016191339e13.jpg
一晩寝かせ、繋ぎ目等パテ、サフェーサー等で処理し400番の耐水ペーパーで砥いで
一先ず区切りをつけました。

このあとは、屋根上、車体の細工を予定してます。
Oゲージ客車を造る ②
台車関係部品も購入した所速やかに車体工作を手掛ける予定が連日のように宴会が入り
遅れておりましたが少しずつ進み始めました。

conv0001_20220920115547547.jpg
車体の窓抜き、側出入口も終了。

conv0002_202209201155466eb.jpg
四面組立て。

conv0004_20220920115546d13.jpg

conv0007_20220920115544f13.jpg
床板用のアガチス材を所定の寸法にカットし、車体にセット。

conv0009_20220920115543f97.jpg
センターピンと床面高さ調整用ライナー兼車体側のボルスターを取り付けます。

conv0011_20220920115707e78.jpg
TR55台車。此れだけで約¥6、000、高いのか安いのか金銭感覚無くなります。

conv0012_202209201157055d8.jpg

conv0008_20220920115543c97.jpg
組立てセットして観るとマズマズです。

conv0013_20220920115704798.jpg

conv0010_202209201157073e7.jpg

conv0016_20220923083746f6e.jpg
床面高さ 26mm、連結器高さ19mmと設計通りに収まり、
台車枠(車輪)上面と床板とのクリアランスも確保出来ました。

側出入り口のステップや手摺り、床下機器、更に屋根板の大工仕事と云う大仕事が
残って居り此れからはのんびり往きます。





部品の買い出し
開店時間が土曜日の午後だけという模型屋さんに買出しに
出掛けました。

conv0001_20220910194637487.jpg
こんなに仕入れ如何するつもりか可成りの投資です。
この1年この模型屋さんには大分注ぎ込んで居るのでいずれ決算する予定です。

出掛ける途中、乗り換え駅で精力的に黄色い電車を収めて居る
モハメイドペーパーさんに偶然出くわしました。
帰りは中央線快速の人身事故に危うく巻き込まれ運転見合わせ寸前に
新宿に到着し難を逃れる事が出来ました。
色々な事に遭遇した、土曜日の午後でした。


Oゲージ客車を造る ①
HOゲージの仕掛かり車両が未だ残って居ますが、凸型電機に牽かせる客車が欲しくなり
OER3001氏に刺激を受け客車を手掛け始めました。

基本は15mクラスのフリーの客車で、前作の電機とのバランスの取れた車両にする予定で
製作途中で図面変更もあり得ます。
車体は電機製作で工作し易かった1mmのプラ板。

conv0001_202209010755577c1.jpg
優等車1両と一般車4両の5両編成の予定。

conv0002_20220901075555d20.jpg
プラ板に図面をコピー。

conv0003_20220901075554cc2.jpg
電機とのバランスで車体長を20mm程長くしました。
此れが出来るのがフリーの良さです。

これから100個近くの窓抜きの忍耐作業です。


お寺で運転会 2022
白河市の大統寺で開催された運転会にコロナの影響もあり、
お声掛けを頂き3年ぶりに参加させて頂きました。

conv0001_202208221820527d8.jpg conv0002_20220822182051869.jpg
3年ぶりに訪れた大統寺。

conv0006_20220822182048bb4.jpg
新白河駅の駅長さんを迎え開始のテープカット。

conv0021_20220822182527261.jpg
EF30+20形客車編成と並ぶ36000形。

conv0008_20220822182047c83.jpg

conv0011_20220822182323ee9.jpg

conv0025_20220823224234c46.jpg
OER3001氏撮影提供
見学していた子供から留置線に停車の多摩中央鉄道36000系を走行のリクエストが
有りました。
指差して喜んで居る母子のを見ると嬉しくなります。

conv0015_20220822182320536.jpg
リクエストに応え順調に走行してくれました。

conv0016_20220822182530015.jpg
西武851と20形。

conv0009_20220822182327ff3.jpg

conv0012_202208221823212b5.jpg
カワイの103形を中央線風に。

conv0014_202208221823211db.jpg
ED75にも20形客車を牽かせてみました。

conv0010_202208221823260c8.jpg
ヤードに並ぶ多摩中央鉄道の列車。

0番仕様の足回りをパワートラックに履き替えた0番ナロー風トラムを
持参しました。

conv0017_202208221825290f6.jpg
本線築堤を軽快に走行する0番ナローのトラム。

conv0023_20220822182929d7b.jpg

conv0022_20220822182525ec5.jpg
設計ミスで構造物に接触、内回りしか走行できません。

conv0019_20220822182529abb.jpg

conv0020_202208221825280ed.jpg
其れでも頑張って鉄橋を避けておもちゃで遊ばせて貰いました。

大統寺御住職はじめ関係者の皆様有難う御座いました。










多摩中央鉄道 36000形
多摩中央鉄道の相互直通車両も最後の仕上げ作業も終え竣工しました。

conv0002_20220815124143072.jpg

conv0003_2022081512414391b.jpg

conv0004_20220815124142da7.jpg

形式は某社の30000形と6000形の塗装が似てしまいましたので実に安易に
36000形としました。

今週末,とある運転会でお披露目致します。




多摩中央鉄道
多摩中央鉄道の車両いつ迄も未塗装で中途半端の状態にもしておけず、
電動空気圧縮機のOHも完了、完璧になったところで車体塗装を行いました。

conv0001_2022080811070010f.jpg

conv0002_20220808110659132.jpg

conv0003_20220808110658599.jpg
外板はブルー、前面と側出入口は、白を基調としました。

conv0004_202208081106570f7.jpg

conv0006_20220808110654ae4.jpg

conv0005_202208081106564f3.jpg
冷房器、屋根をグレーに。

conv0007_20220808110720fd2.jpg
前面、真白化だとのっぺら坊のお化けの様なので悪戯しました。

後は、筆差し、ヘットライト取り付け、ガラス入れ、等小物を取り付ければ終わりそうです。







Oゲージ電機完成
試運転も当初予定していた通りの走行を確認し最後の仕上げ
作業を行いました。

conv0008_20220715223207ecf.jpg

conv0017_20220720210127fb5.jpg
標識灯を付け、窓にHゴム、ガラスを入れます。

conv0011_2022072020581464d.jpg
モハメイドペーパーさんよりブレーキホースを3本頂き機関車に付け、残りの
1本は無駄にしない様、コキフ擬きの最尾部に取り付けました。

conv0005_20220715223208ab2.jpg
前照灯の基板。

conv0007_20220720205326972.jpg
OER3001さんよりLEDチップのハンダ付けのポイントをご教授頂き
仮配線で点灯、極性を確認。

conv0003_202207202053263d2.jpg
車体に組込みます。

conv0019_20220723090900b58.jpg
組み込み後、点灯、極性を再確認。

最後に記念撮影をしておきます。

conv0024_20220723090859add.jpg

conv0025_20220723090859ecb.jpg

conv0026_20220723090859f3b.jpg

conv0027_20220723090858feb.jpg

「Oゲージ電機を造る」も何とか完成になりました。
又、運転会に呼んで頂き走らせて頂けたら幸いです。





電動空気圧縮機
戻り梅雨の合間の晴天日、塗装したくコンプレッサー準備したところ
立ち上がりが悪く、最高圧0.26Mpaに達せず、購入し20数年経ち
メーカーも相手にしてくれないので自ら修理しました。

conv0010_20220718090434ff7.jpg

conv0008_20220718090435482.jpg
購入依頼1度もメンテせずに使用してきたコンプレッサー。

conv0009_202207180904346ba.jpg
クランクは問題無く給油しておきます。

conv0005_2022071809035097a.jpg

conv0006_20220718090350205.jpg
圧縮部はシリンダーでなく、ダイヤフラム式でゴムの異常は診られませんでした。
弁部は軽くアルコールで洗浄し給油。

conv0004_20220718090351a83.jpg
一番心配な逆止弁。

conv0003_2022071809035119d.jpg
弁は若干の経たりが有るものの、メーカーに交換部品が有れば交換したいのですが、
アルコールで洗浄し、騙し騙し使います。弁座綺麗でした。

conv0007_20220718090435929.jpg
弁回りは可成り汚れて居り、本来ならばチリ取りフィルター挟みたい所です。

conv0001_202207180903527e1.jpg

conv0002_20220718090352066.jpg

試運転結課は 立ち上がり 0~0,26Mpa 45秒
ガバナも0.16Mpa 入り
0. 26Mpa切り
時間も20秒と仕様書通りの性能となりました。