fc2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



シニアの新年会
大寒の極寒の1月20日、「鍋料理で新年会」をということで
予約して置いた元力士の経営する「ちゃんこ料理屋」さんで
新年会を行いました。

conv0001_20240121155502573.jpg

conv0003_20240121155457a1b.jpg
小金井市出身で初代若乃花(引退後は二子山親方)が在籍していた
花籠部屋の力士で引退後、地元に戻りちゃんこ料理屋を始めたそうです。

conv0004_202401211554559f8.jpg

conv0005_202401211554537dc.jpg
店内には花籠部屋や二子山部屋の一門の関取の手形や
サインが飾られて居ります。

conv0006_2024012115545086d.jpg
天災、人災と大変な歳明けでしたが、我らシニアはがんがって
行こうという事で取敢えず「乾杯」

conv0007_20240121155555dbd.jpg
御通しは山芋と鮪のブツ。

conv0008_20240121155552e56.jpg
鳥のツミレ。

conv0009_2024012115555085c.jpg
鳥肉チャンコ。

conv0010_20240121155547766.jpg
花籠部屋一門伝統の出汁はツミレと相まって美味しく酒との
相性も好く追加注文した程でした。

しっかり食べ、たっぷり呑み今年も無病息災楽しく遊べる様にと
祈念し新年会を締めました。





スポンサーサイト



お年玉
年賀ハガキの末尾の番号でプレゼントが貰えるという模型屋さんから年賀ハガキを頂き
都心に出た序でにお店に寄って今年1回目の運試しをやって来ました。

conv0004_2024010820055180e.jpg

conv0001_20240108200559e6c.jpg
特等賞なのかスカなのか不明ですが、アウト・ドア用の椅子とか。

conv0003_202401082005547f2.jpg

conv0002_20240108200556543.jpg
開けて見ると座り心地は今一つですが、70kg位は持ちそうです。

conv0005_20240108200549adb.jpg
撮りに出掛ける際邪魔にもならず携帯し活用出来そうです。
線路際で此の椅子に座っているオジさんを見たら「ぬか屋」ですのでお声がけ下さい。




謹賀新年

本年も宜しくお願い致します。

混雑を避け5日に、近所の氏神さまへ初詣でが外出始めでした。

conv0001_20240106155443f43.jpg

conv0002_20240106155442e25.jpg
正面参道には「茅の輪くぐり」。

conv0003_20240106155441007.jpg

conv0004_202401061554409f0.jpg

conv0005_20240106155438f61.jpg
屋台には、定番のチョコバナナ、ダンゴと並んでおります。

conv0006_202401061554374ac.jpg
伊勢神宮と同じく「天照皇大神」を祀った本殿。

conv0007_20240106155540cb0.jpg
「八雲神社」、「春日神社」、「八幡神社」を祀った東殿。

conv0008_20240106155539b77.jpg
「稲荷神社」、「秋葉神社」、「熊野神社」、「白山神社」を祀った西殿。

小平神明宮の北側には線路が走っており今年の撮り始めを厳かに
行いました。

conv0008_20240106160417bac.jpg
多摩湖線9000形の玉川上水回送。

conv0009_2024010615553727f.jpg
急行西武新宿行の20000形。

早朝踏切障害が在った為ダイヤが乱れ、若干空振り気味の
撮り始めでした。








チャイルド・シート
娘が出産で4才の孫連れて帰って来て、爺、婆揃って忙しくなり、
ブログ更新や模型製作も儘ならず、外出は近くの公園で孫と戯れる
日々を過ごして居ります。

赤子が検診に行く為、これ迄3人の孫が使用して来たチャイルド・シートを
車にセットしてみました。

conv0004_2023101215373603f.jpg

conv0005_202310121537347bd.jpg
これ迄、3人の孫が使用したチャイルド・シート。
使用期間が短い為、傷みも無く新品同様です。

conv0003_20231012153739b95.jpg

conv0002_20231012153740778.jpg
頸の据わって無い乳幼児は後ろ向きにセットするので固定方法が
面倒ですが、思い出しながら無事セッティング終了しました。

未だ2週間位は賑やかな生活が過ごせそうです。





エアコンの点検修理
猛暑の中、愛車のエアコンの効きが悪く吹き出し口から生温い風しか
出なくなり修理依頼する前にポイントをチェックしてみました。

conv0001_20230717112839e3f.jpg

conv0002_2023071711283720f.jpg
外部から確認出来る肝となるラジエターファンとコンプレッサー。

conv0003_20230717112834cac.jpg

conv0004_20230717112832b61.jpg
エンジン始動してもダイナモ等は始動しますが、コンプレッサーのクラッチが繋がってない為
エアコン、ファン共可動しません。

conv0005_20230717112829340.jpg

conv0006_202307171128271e1.jpg
エアコンスイッチ投入によりコンプレッサーのクラッチが繋がり、ファンも回ります。
此処までは、コンプレッサー、ファン、スイッチ等異常ありませんでした。

conv0007_202307171130154f3.jpg
ところが、本来ならばアルミパイプが冷えなければならないところ、冷えずに
温かい事が判明しました。
原因は、ガス不足ではと云う事で、これ以上はぬか屋での処置は無理なので
友人のタイヤ屋さんに状況を説明し、ガスチャージと漏れの確認をお願い致しました。

conv0011_202307171130060bd.jpg
ガスチャージ用具等持参で早速来て貰いました。

conv0008_202307171130129bb.jpg
ガス充填及び点検口。

conv0009_20230717113010007.jpg
点検口にメーターセットし確認したところ、案の定ガスが若干不足して居ました。

conv0010_202307171130093cb.jpg
ガスを充填してもらいます。

conv0012_20230717113004663.jpg
更に蛍光剤を追加充填し、確認出来る漏れ箇所はないことが判明。
充填した蛍光剤は今後漏れの発見に役立つでしょう。

conv0013_20230717113106502.jpg

conv0014_2023071711310456f.jpg
問題のアルミパイプも仕様通り冷え、
試運転は上々で昨日までが、嘘の様な快適な車内です。

購入から可成りの年月エアコンに関してNOメンテで問題なく使用して
来ましたが、「経年にに依る漏れとは云えない程の減りが在ったのでは」
と云うのが不具合の原因という結論でした。











ぬか屋の花見
久し振りに朝から晴天となった年度始めの日、外出序でに
国立駅で下車し桜見物して来ました。

conv0003_20230401155510361.jpg
自宅最寄り駅傍公園の桜。

conv0034_202304011555077c0.jpg
国立駅ホームから観た学園通りの桜並木。

conv0017_20230401155510022.jpg
桐朋学園傍の歩道橋より国立駅方面。
三角屋根が国立駅。

conv0024_2023040115550874c.jpg
バランスの良い枝振りの古木。

conv0027_202304011555088c3.jpg
ぬか屋御用達の洋菓子店〔ル・アントルメ国立〕
クロワッサンが最高です。

そろそろ桜の花弁も遠山金さんになりかけ明日(4月2日)辺りが今季最後の
御花見見物になりそうです。





ランド クルーザー60の思いで (終)
職場の四駆グループやアマチュア無線の仲間との交流も楽しい思いでです。

conv0015_202303171026478b8.jpg

conv0001_20230317102700f82.jpg
普通車では渡れない川の中州でもキャンプを行いました。

conv0002_20230317102657439.jpg

conv0013_2023031710265040c.jpg

conv0012_20230317102652efb.jpg
川遊びを楽しんだら洗車。

conv0008_20230317102655dcb.jpg
そして恒例のBBQで更に親睦を深め仕事でのチームワークに活かします。

8ナンバー改造、シャックルやタイヤ交換で車高を持ち上げたりオーナー車検で
陸運局に自ら持ち込んだりと10年以上乗った車でしたが排ガス規制で
乗れなくなりましたが、楽しませてくれた車でした。





ランドクルーザー60の思いで ④
「4x4マガジン」や「4WDフリーク」のほかに「林道ツーリング」に関する雑誌が有りました。

conv0008_202303011632003b2.jpg
オフローダーにとって必須の雑誌でした。

conv0009_202303011631572d7.jpg

conv0010_2023030118125637b.jpg
内容はナビにも出てない様な林道が記載されており職場の同好の志と出掛けておりました。

conv0004_20230301163052d93.jpg
乗用車では躊躇う悪路を4駆の威力で走破して往きます。

conv0001_202303011630588e1.jpg
前後は無線機(アマチュア無線)搭載車で挟み、対向車に注意しながら進みます。

conv0011_20230301163156217.jpg

conv0013_20230301163155f1b.jpg
路肩が崩れていて、慎重に進みます。

conv0003_20230301163053cf0.jpg

conv0006_20230301163050fa4.jpg

conv0005_202303011630525f5.jpg
広場を見つけ一休み。

この後4輪の対向車も無く無事麓に降り伊豆の海鮮定食でお腹を満たしました。





ランドクルーザー 60の思いで ③ ( オフロード・パーク)
今は閉鎖され、キャンプ施設に変貌してしまった伊豆修善寺に
日産自動車が経営していたオフロードコース(伊豆モビリティーパーク)が在りました。
レンタカーとしてサファリが在りますが性能等確認の意味で自車で走破します。

伊豆半島の林道ツーリング入山前の足慣らしで半日程遊びました。

conv0001_2023011613171070b.jpg
先の見えないヒルクライム。

conv0008_202301161317424f4.jpg

conv0009_20230116131741870.jpg
登り切るとホットします。

conv0005_20230116131707dc7.jpg

conv0002_20230116131710d0e.jpg

conv0003_20230116131709d6a.jpg
下りは4駆のⅬレンジの1速でエンジンブレーキだけで下ります。

conv0004_20230116131708176.jpg
此の様なシーソーも在ります。

conv0006_20230116131706fbc.jpg

conv0007_202301161317432b4.jpg

ロックやモーグルで遊び仲間と林道に入山しました。



続きを読む
ランドクルーザー60の思い出 ② (大人の雪遊び(雪中行軍))
ぬか屋と其の仲間は4駆で自然をこよなく愛し林道ツーリング等楽しんで居りました。
クリスマス,年始寒波に依る積雪でで不自由な生活されて居る方がいらっしゃるなか、
雪が降ると朝一番で駆け付け未だ轍の無い林道を走り廻って楽しんで居た時の
画像をアップいたします。

conv0001_202212261253369c5.jpg
山中でスタックしても大丈夫な様必ず複数で林道に入ります。

conv0002_202212261253355cf.jpg

conv0005_20221226125331010.jpg
同好の氏も多く早朝にも拘らず既に何台かに先をこされて居ります。

conv0003_202212261253351c7.jpg

conv0004_202212261253331ba.jpg
山深く入ると積雪も増え、4駆とBFGoodrichiのマッド・アンド・スノーのタイヤの威力で
チェーン無しで走破して往きます。

conv0006_20221226125329155.jpg
行止まりの広場で一服し、車の性能等確認し無事帰途に付きました。

林道迄の幹線道路は「塩カル」が捲かれているので帰宅後は速やかに洗車場にゆき、
スティームで下回りを洗浄し次回に備え落着です。




ぬか屋の事始め
慌ただしい三が日も過ぎ落ち着いた4日から活動開始となります。

conv0007_202301041137367c2.jpg
先ずは氏神さまに散歩がてらお参り。

conv0005_20230104113713012.jpg

conv0004_202301041137130d9.jpg
三が日の混雑が嘘の様に落ち着いた中で参拝。

本殿の左右に境内社西殿と東殿が在り西殿に四社、東殿に三社祀られて居ます。
conv0002_202301041137151d9.jpg
西殿。

conv0003_20230104113713d45.jpg
東殿。

ぬか屋の自宅から神明宮までの間に学校が多くゆっくり歩いた事で思わぬ
発見が有りました。

conv0006_20230104113711071.jpg
プロ野球選手を輩出した男子校。

conv0001_20230104113716714.jpg
お馴染みの鉄道模型コンテストで優秀賞。

今年の文化祭におじさん独りでは入り難いので孫を連れて女子校の鉄研を
観て観ようと思いました。







ランドクルーザー60の思い出 ① (8ナンバー改造) 
1991年頃より10年余りの間、トヨタのランクル60で林道ツーリング、キャンプそして
日常生活に置いても乗り廻して居りました。

conv0013_20221227155639b45.jpg
納車時の原型のランクル60GX。

conv0012_2022122715561531b.jpg
グリルガードを付けたり、シャックル、タイヤ径を大きくしたりでオフロードで亀の子にならない様
ドレスアップします。

1ナンバーだと車検も1年で8ナンバー(特殊車両)にする事で車検も2年、自動車税も安く
なるという事で、会社の同好の志とキャンピングカー改造を行いました。

conv0003_20221227155520ccf.jpg
幅はタイヤハウスの内側、奥行きはセカンドシートを倒し規定のベット長に成るようします。

conv0005_20221227155518ea3.jpg

conv0006_20221227155516823.jpg
セカンドシートを使用する時(普段)はこの状態。

conv0008_2022122715562026f.jpg
キャンプ仕様はセカンドシートを倒し収納してある基板でベット長を確保します。

conv0007_20221227155620dd9.jpg
ベット下はキャンプ用具等の収納場所。

conv0010_202212271556192b5.jpg

conv0009_202212271556205fa.jpg
ベットとコンロが備わって居ればキャンピングカーとして登録出来ました(今は変わったかも知れません)。

conv0011_202212271556184e6.jpg
リヤーに網棚を付け寝袋を収納。
最後に前面と運転席、助手席のサイドガラスを除いてスモークを張ります。

ここまで出来た所で、予備検査と称して陸運局に持ちこみます。
問題無いとのお墨付を貰ったので重量を増す為マットの下に鉄板を忍ばせて
カンカン屋で前輪、後輪、全重量を測って貰い規定に入って居る事を確認します。

conv0001_20221227155522588.jpg
多摩陸運事務所に持ちこみ無事8ナンバーを取得致しました。
意外と簡単にパスした事から以降オーナー車検で自分で陸運事務所に持ち込み
経費を安くあげて居りました。

8ナンバー改造した同じ部の仲間との活動報告も整理しアップしたいと思います。
















ぬか屋の散歩路
近頃、ブログ仲間の何人かがぬか屋御殿の周りを散歩していらっしゃる様で、
其れならと「ぬか屋の散歩路(Aコース)」をご紹介したいと思います。

conv0011_202211261700083d3.jpg

conv0012_2022112617000816a.jpg
ぬか屋の使用する西武国分寺線鷹の台傍の中央公園。

conv0013_20221126170008f5f.jpg

conv0017_20221126170112eef.jpg
木もれ日の道の遊歩道を往き府中街道に中ると津田塾大学が在ります。
普段入構出来ない禁断のキャンパスも学園祭には堂々と入れます。

conv0014_20221126170005bd0.jpg
此の立抗の下を武蔵野線が走っております。
未だに走行音は聴いた事は有りません。

conv0001_20221126165901486.jpg
のんびりと優雅な生活を過ごされてて居られます。

conv0018_20221126170111f80.jpg
ボーイスカウトの方が巣箱を設置。

conv0019_202211261701098b7.jpg
鳩も人を恐れず餌をつぐんでいます。

conv0003_202211261658579ef.jpg
突如現れた「此木なんの樹、気になる樹」

conv0002_202211261659003ef.jpg

conv0004_202211261658570e6.jpg
幹に変なオデキが出来た様ですが、「こだいら名木百選」だそうです。

conv0005_20221126165857ff9.jpg

conv0006_202211261658566a0.jpg
淀橋浄水場まで水を送り、流水量が多い時は塵だけで無く
土左衛門も引っ掛かったそうです。

conv0020_20221126170108dd4.jpg

conv0023_20221126181637ac0.jpg

conv0021_20221126170107ce4.jpg
一度だけ入館した事がありますが、素晴らしい彫刻で圧倒されます。
御近くに来られた時は拝観をお薦め致します。

conv0024_20221126170129d85.jpg

conv0025_202211261826492d4.jpg
多摩湖線の一橋学園駅傍に到着です。此処から北側が西武(国土計画、箱根土地)が開発した
大泉学園、国立と並ぶ分譲地です。

conv0008_20221126170009c36.jpg

conv0010_2022112617000930e.jpg
ちょこっと電車を撮って、又引き返すか、或は国分寺、萩山、小川経由で撮りながら帰宅するか
時間帯で決めます。

以上が「ぬか屋の散歩路(Aコース)」ですが、因みに「ぬか屋の散歩路(Bコース)」は
玉川上水の遊歩道を西に向かい玉川上水駅までがBコースです。



























ぬか屋の冬眠準備
例年に倣い今年も長野に越冬準備の為の買い出しに出掛けました。

conv0001_20221114112053668.jpg
先ずは、年越し蕎麦用の蕎麦粉。
冷蔵庫に保管。

conv0002_20221114112052657.jpg
干し柿用の渋柿。

conv0012_20221116163522229.jpg
かりん。

conv0004_202211141120514f9.jpg

conv0005_20221114112051ed9.jpg
季節外れと思われる秀逸のトウモロコシ。

conv0007_20221114112049475.jpg
干し柿用の柿の肝は此の部分。
T字でないと紐で括れません。

conv0008_202211141121453a1.jpg

conv0009_2022111411214508c.jpg
紐で括り、カビ防止の為熱湯に潜らせ風通しの良い軒下に吊るします。

conv0010_20221114112144699.jpg
2週間程すると丁度良い柔らかさに成り食べられる様になります。
残りは紙等に包み冷蔵庫の野菜室等で保存しておきます。

conv0013_20221116163522b56.jpg

conv0015_20221116163519355.jpg
花梨は非常に硬い果実ですが、さいころ状にカット。

conv0019_202211161647522a0.jpg

conv0020_20221116164752562.jpg
水飴とビン詰めとし台所の床下収納に1~2年程保管。

conv0010_20221121092144c24.jpg
右側が2年物の「花梨の水飴」漬け。
咽喉が不調の時、舐めると美声が戻ります。















駅で見つけた鳥居のマーク
新宿駅で懐かしくも一寸場違いと思えるマークが在りました。

conv0005_20220325173204d14.jpg
場所は駅構内の東西連絡通路の東口出口の階段脇の柱で階段を上がると
東口アルタ前に出ます。

conv0006_20220325175638b63.jpg
駅構内では一寸場違い。

conv0003_20220325173205cda.jpg
大人の眼の高さ。

conv0004_2022032517320418d.jpg
大人用、子供用の放水ポイント?。

夜間、歌舞伎町から帰宅する一部の酔っ払いや路上生活者の迷惑行為を制する
対策か単なる遊び心でのイラストか不明です。




謹賀新年
正月三が日の子供や孫の嵐の様な来襲も終わり、落ち着いたところで地元氏神様に
初詣に出掛けました。

conv0005_202201051649155c7.jpg
歩いて15分位の散歩に丁度よい距離の神明宮です。

conv0004_202201051649168c0.jpg
茅の輪が設けられて居り8の字に廻って進みます。

conv0001_20220105164916ce9.jpg

conv0002_20220105164916861.jpg
5日目にもなると人出も密にならず参拝出来ます。

conv0003_20220105164916686.jpg
このご時世か神様頼みで社務所の御札売り場は若干混んで居りました。

本年も宜しくお願い致します。




ぬか屋水道設備工業
家人よりキッチン混合栓が調子が芳しく無いとの申告が有り
混合栓を交換致しました。

conv0001_20211109124840847.jpg
先ずは屋外の止水栓を閉めます。

conv0004_202111091248409f8.jpg

conv0005_20211109124839054.jpg
水がとまった事を確認後本体を偏心管から外します。

conv0012_2021110913152523e.jpg
古い偏心管を外し、水道管側のエルボのネジ部を清掃して置きます。

conv0003_20211109124840a0e.jpg
新規購入したキッチン用混合栓。

conv0009_2021110912492533a.jpg

conv0011_20211109124924501.jpg
新品の混合栓から偏心管を外しシールテープを巻き水道管側のエルボにネジ込み
ます。

conv0010_20211109124924e2e.jpg
本体と偏心管を取り付け工事は完了です。

conv0007_20211109124925916.jpg
止水栓を開き漏水をの有無,吐水の状態を確認し終了しました。

1時間弱の作業時間とホームセンターで購入したキッチン用混合栓(税込¥8,170)で完了し
業者に依頼するよりはるかに安価出来ました。









ぬか屋の冬眠準備
今年も恒例の蕎麦粉等の買い出しに信州に出かけました。

conv0001_20211030152959ae6.jpg

conv0002_20211030152959550.jpg
R117号線沿いの「道の駅」に珍しい物を搭載したトレーラーが駐車して居りました。
運転手さんに話を伺おうと思いましたが会えず聴く事出来ませんでした。
車両の陸送は何度も見て居りましたが船の陸送は初めてでした。

conv0009_20211030153050f74.jpg

conv0007_20211030153051a7f.jpg
飯山産の新蕎麦粉と干し柿用に渋柿を購入。
蕎麦粉は年末まで冷凍保存します。

馴染みの蕎麦屋さんで昼食です。

conv0006_20211030152958a95.jpg

conv0003_202110301529599d7.jpg
「信州そば切りの店」 「純そば粉の証」とは
① 蕎麦粉は長野産。
② つなぎの割合は3割以下。
③ 手打ちであること。
更に
① 店主自ら打つ
② 蕎麦粉の産地つなぎの割合を店内に明示する。
③ 乾燥麺や製麵機を使用した蕎麦は提供しない。
④ 組合の審査に合格している事。

conv0004_20211030152958d17.jpg
条件を満たした蕎麦は格別でした。

conv0008_20211030153050a6a.jpg
帰宅し柿を吊るし、鳥に突かれない様気をつけ出来上がりを待ちます。















「ぬか屋の徒然日記」 開設⒑周年
10年前の2011年10月16日「ぬか屋の徒然日記」が創刊されました。
脈絡のない内容のブログが続けられたのも皆様のお陰と感謝致します。

10周年という事で「10」に因んだ画像をUP致します。

conv0004_2021100713003997d.jpg
EB102 1965年3月 田端機関区にて。

conv0001_202110101057556f5.jpg
天賞堂製EB10.。

conv0005_20211010105755f7d.jpg
都電 10系統。 1968年 R246 青山3丁目附近

是から先20年目、30年目と御贔屓の程よろしくお願いします。






ブルーインパルス・カラースモーク
東京パラリンピックの開会式を前にしてブルーインパルス6機が都内上空を
スモークを噴射しながら周回飛行をし、ぬか屋宅にも挨拶に
来ました。

conv0001_20210824141246a39.jpg
赤、青、緑の3色を噴射。

conv0002_20210824141246407.jpg

conv0003_202108241412461a6.jpg
24日13時53分09秒
ぬか屋宅の南方上空を東から西にスモークを噴射しながら
飛行し噴射後、南下し更に東に進路を変え都心方向に
飛んで行きました。

子供の頃前回の東京オリンピックの五輪のスモークも見ましたが
まさか肉眼で2回も観れるとは思ってもいませんでした。

天気が良ければもう少しクリヤーな画像が撮れたかも知れません。

扇と手拭い
巣篭りで整理中20年以上前のぬか屋にとって懐かしい御宝が出て来ました。

conv0003_20210506164735451.jpg
咄家九代目 入船亭扇橋師匠の手拭いと幇間(太鼓持ち)の悠玄亭玉八師匠から頂いた扇です。

conv0002_20210506164736818.jpg

conv0005_202105061647347f8.jpg

conv0006_2021050616473446c.jpg
手拭いは会社の同僚の結婚相手の伯父(叔父)さんが扇橋師匠と云う伝手で頂いた物です。


conv0001_20210506164736ff8.jpg

conv0004_202104081307493b3.jpg

conv0015_20210408130748a55.jpg
現職時部署横断的な呑み会を行った時「粋な呑み会」をということで、
幇間(太鼓持ち)を呼んで小じゃれた料亭の2階での宴席でお座敷芸を愉しみました。

来て頂いた幇間は悠玄亭玉介師の弟子で悠玄亭玉八さんです。

玉八さんと差しつ差されつして洒落で名前をとお願いしたところ、「玉九さん江」と記した扇を頂き
「玉九」を拝命致しました。
以降宴会では「玉九さん」でとおって居り、「本名」、「ブログ名」、「源氏名」と時と場合で「粋」に使い分ける
ぬか屋です。



筍狩り
緊急事態宣言発令中ですが、シニアの例会で都県境を越境しシニア仲間の竹藪に
筍の収穫に出掛けました。

conv0003_202104261617452f9.jpg

conv0001_20210426161746eb0.jpg

conv0005_2021042616174504c.jpg
足場の悪い斜面での収穫は年寄りには堪えます。

conv0007_20210426161744e50.jpg
小一時間程愉しみそこそこの収穫です。

本来なら反省会を行う処ですが現状に鑑み反省会はワクチン接種後という事で
お茶と煎餅で解散となりました。
タンカー漂流
三岐鉄道の画像を漁っていたら珍しい画が出て来ました。

1994年9月30日に三重県四日市に打合せで出張した際、翌朝のTⅤニュースで
台風の影響で日本鋼管津製作所から建造中の全長260m、150,000tonのタンカー2隻のロープが
切れ漂流して数キロ離れた津市の御殿場海岸に漂着したとの報道でした。

打合せも終了しておりましたので相手の会社の方に案内して頂き野次馬を
決め込んで来ました。

conv0004_20210312171305482.jpg
津市御殿場海岸に漂着したタンカー。
建造中で動力も無く乗員も居らずノーコン状態で流れて座礁したものです。

conv0005_202103121713051b6.jpg
2隻揃って仲良く漂着。

conv0001_20210312171306369.jpg

conv0003_20210312171306e90.jpg

conv0006_202103121713043fc.jpg
人との対比で解る様にその巨大さに驚きです。

観客も増え屋台まで出店し日本鋼管の係員も観客の整理や離岸作業準備を始めた
ところで現場を後にし北勢線を観に行きました。






老人倶楽部の息抜き散歩
モハメイドペーパーさん、OER3001さんと充分な対策を講じ多摩丘陵を散歩して
来ました。
散歩経過に付いてはお2人のブログで紹介されておりますので私は
移動手段の多摩モノレールを何枚か収めましたので紹介致します。

conv0001_20210206131321228.jpg

conv0002_20210206131321fd5.jpg

conv0011_202102061313543f1.jpg

conv0009_20210206131356325.jpg

conv0010_20210206131355706.jpg
沿線からだと下しか撮れませんが空いて居たため子供の様に
先頭部に陣取り何枚か撮ってみました。

conv0003_20210206131320ccf.jpg
終点の多摩センター駅進入。

conv0004_20210206131320b47.jpg
先端の車止め。
更に延伸する気が有るのか先端が少々曲がっております。

conv0005_2021020613131948a.jpg
小田急多摩センター駅。

conv0006_20210206131319bd9.jpg
多摩境駅傍の山の上から。

conv0008_20210206131356da1.jpg
京王相模原線。右奥が橋本駅。

conv0007_20210206131356489.jpg
多摩境駅進入の京王線。

567が落ち着いたら桜を愛でながら歩いてみたいです。



謹賀新年
1月2日、ぬか屋が2021年のルーティンを開始致しました。

氏神様に初詣です。

conv0004_20210102100042ece.jpg

conv0001_20210102100044f5a.jpg
新型コロナの影響でテキヤの屋台も無く神社も営業自粛かと思う程人影もまばらでです。
コロナまん延防止の分散参拝のアナウンス効果でしょうか。

conv0002_202101021000442d0.jpg
縁起物の「茅の輪くぐり」

conv0003_202101021000437e8.jpg
例年だと長蛇の列に成る本殿前もご覧の通りでゆっくり参拝する事が
出来ました。

昨年は不毛な1年でしたが、本年は実の有る年になることを祈念致します。
1/25の世界 東武ワールド゙スクウェア
12月28日付けのOER3001さんの「大型模型」を勝手にコラボさせて頂きました。
全ての構造物の縮尺が1/25で夢の在るテーマパークです。

conv0010_20201229120957d29.jpg

conv0011_20201229120957e99.jpg
エントランスには1/1のサドルタンク。

conv0013_20201229121011f65.jpg
スカイツリーラインのスペーシア。

conv0008_20201229120958acc.jpg

conv0009_20201229120957f89.jpg
東京駅を出発した新幹線と中央線。

conv0002_20201229120918740.jpg

conv0003_20201229120918363.jpg
業平橋を想い出させます。

conv0001_2020122912091806d.jpg

conv0006_20201229120917b1d.jpg

conv0012_202012291209578eb.jpg
リバティも稼働しております。

conv0005_202012291209172ed.jpg
「大樹」とのすれ違い。

conv0004_20201229120918762.jpg

conv0007_2020122912095809f.jpg
補機も付けた「SⅬ大樹」

鉄道だけでなく世界の有名な建物も忠実に再現されております。

conv0014_20201229143947786.jpg
ノイシュバンシュタイン城(独逸)

conv0015_2020122914394726e.jpg
サクラダファミリア(スペイン)

conv0016_20201229143946336.jpg
ピサの斜塔(伊太利亜)

conv0017_20201229143945678.jpg
バッキンガム宮殿(英国)

世界の有名な建造物が多数あり一度は観る価値があります。





青梅の柚子
青梅の従兄から季節の果実を沢山贈って頂きました。

conv0003_20201205131243d8e.jpg

conv0001_20201205131243b3f.jpg

conv0002_20201205131242fee.jpg
青梅の沢井地区地区は市内でも有数な柚子の産地です。
子供達に分けたりした後自宅用は薬味だけでなく、花梨はジャムにし評判が
良かったので柚子では調子に乗って皮を使って砂糖漬けに挑戦して見ようと思っております。
プチ田舎 小平
我、小平市が「テレビ東京」で取り上げられました。

conv0001_202011081227532fd.jpg
11月7日21時からの放送分です。

conv0002_2020110812275318b.jpg

conv0003_202011081227521ba.jpg
市内JR、西武鉄道合わせて7駅もあり中心が在りません。

conv0004_20201108122752ea1.jpg
ぬか屋の乗降駅、駅名は「鷹の台」ですが住所表示は「たかの台」。
朝は通学で降車する学生で路は一杯です。

conv0005_20201108122752f51.jpg

conv0006_20201108122752c68.jpg
我家から直近(徒歩1分)の中華料理店。電話しておけば出来立てがテイクアウト出来ます。
娘が大学の時アルバイトでお世話になったお店です。

conv0009_20201108123025ee4.jpg
「有楽製菓」
直売所も併設されておりますが直売の割には・・・・・です。

conv0008_20201108123025f3c.jpg

conv0010_20201108122945798.jpg
ぬか屋の散歩路沿いに在るミユージアム。
「平櫛田中」の彫刻は一見の価値は充分あります。

conv0011_202011081229451c1.jpg
ぬか屋の散歩路でも在るグリーンロードひと回りすれば西武線が
4路線撮る事が出来ます。
「モヤモヤサマーズ2」 東村山市
11月1日、テレビ東京で放映された「モヤモヤサマーズ2」はサマーズが
東村山市を徘徊しておりました。

久米川付近で西武のクハ1150を改造した電車図書館が取り上げられました。

conv0002_20201103205357f26.jpg
此の図書館は思い入れの有る車両で2017年4月4日付けで詳細をUPして
あります。

conv0003_20201103205356e82.jpg

conv0004_20201103205356326.jpg

conv0007_20201103205355772.jpg

conv0005_2020110320535689a.jpg
電車図書館の責任者の方とサマーズの会話の中で西武線の古い(赤い)電車が話題になり
インサート画像を借りたいとのリクエストが制作会社より有り提供した501形の画像です。

ブログを見て各制作会社より過去に何度か借用依頼があったものの合意に至らず
今回初めてのテレビデビューでした。






アウトドア・ライフ
巷では山を購入し家族、又はソロでキャンプを楽しんでいる方が
増えている様です。

蔵を整理していて30~40年位前に始めたアウトドア用品がでてきました。

conv0007_20200928101054999.jpg
オーストリア製アウトドアコンロのPhoebs(ホォエブス)。
ホワイトガソリンが燃料です。

conv0008_20200928101054dcc.jpg
日本製のコッフェル。

conv0009_2020092810121048f.jpg
やかんや鍋がセットです。
コンパクトにまとまり便利です。

conv0010_20200928101209e38.jpg
ご存知のハンゴウ。
慣れると電気炊飯器並のご飯が炊けます。

これらと適当に食糧を詰めデイ・キャンプを楽しんでおりました。

家族が増えるとテントを購入し家族で海や山に、又アマチュア無線の
仲間と家族ぐるみで愉しみました。

conv0011_2020092810120820b.jpg
泊まるとなると必要なコールマンのランタン。
これも燃料はホワイトガソリンで非常に明るいです。

conv0005_20200928101056ab1.jpg

conv0006_20200928101055033.jpg
懇意にしているディーラー方から戴いた不要のホイールで造った竈。
炭を入れ大鍋でおでんやカレー、シチュウ等作るのに便利です。
おでんを肴に・・・・。最高です。

conv0014_20200928101205595.jpg

conv0015_20200928101204bdb.jpg
自作の燻製製造機。
海でのキャンプでは地元の魚屋で仕入れた干物や
持参したチーズ等を燻しました。

conv0004_20200928101057ddd.jpg

conv0001_20200928101058fcd.jpg
庭の片隅で忘れ去られた様なBBQ用の竈。
三密にならないBBQを孫達が来た時やろうと思っております。

フォエブス、ランタン等の試運転も良好でした。
此の位備えて有れば天変地異が起き救助隊が来るまで
何とか爺さん、婆さん二人位は生き延びられるでしょう。