ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



伊弉諾神宮(淡路島)
伊弉諾神宮(淡路島)で行われる慶事に参列する為淡路島に行って来ました。

conv0001_20170613104049cb9.jpg

conv0004_20170613104048ac0.jpg
久しぶりの駅弁を車内で。

conv0005_201706131040472a8.jpg
予定通り新神戸到着。

conv0008_20170613104119381.jpg

conv0007_2017061310412025e.jpg

conv0006_201706131040461e9.jpg
新神戸駅前のBTから三ノ宮駅経由の高速バスで淡路島ヘ。
SUICAが関西圏でも関東圏同様に使用出来るので便利です。

conv0010_20170613104233574.jpg

conv0011_2017061310423285a.jpg

conv0012_20170613104231cce.jpg

conv0013_20170613104259ef1.jpg
明石海峡大橋を渡り淡路島に初上陸。

conv0025_20170613104711b66.jpg
「夢舞台」で下車。

conv0024_20170613104712954.jpg

conv0023_2017061310471200e.jpg

conv0029_201706131049198ad.jpg
今宵の宿は、ウエスティングホテル。

conv0061_20170613110233e60.jpg
ホテルの全貌。

conv0062_20170618151000578.jpg
チェックイン。

conv0018_20170613104557723.jpg

conv0020_20170613104556ba3.jpg

conv0021_2017061310455566f.jpg

conv0022_20170613104555ee3.jpg
部屋もまずまず、見晴らしも良好。

conv0036_20170613104916f65.jpg

conv0028_201706131047516f3.jpg
夕食はレストラン街の「MEAT LAB]

conv0032_20170613104919d65.jpg

conv0033_20170613104918624.jpg

conv0034_2017061310491778c.jpg

conv0035_20170613104917164.jpg
メニューは店長お薦めの熟成ハンバーグにサラダ、スープそして淡路島特産のオニオンスライス。

conv0037_20170613105003ad7.jpg

conv0038_20170613105003538.jpg
夜には「ストロベリームーン」が観察出来ました。
セーラームーンは知っていましたが、ストロベリーは初めてでした。

古事記や日本書紀等にも出て来る淡路島の由緒ある神社が伊弉諾神宮だそうです。

conv0064_20170613110232e69.jpg

conv0045_20170616204357b9d.jpg

conv0048_20170613105220e88.jpg

conv0046_201706162043560c9.jpg

conv0047_2017061310522174a.jpg

conv0044_20170613105138d99.jpg

conv0049_20170613105347926.jpg

conv0059_20170613110007e7b.jpg
神殿。

conv0060_20170613110007be4.jpg

conv0050_201706131054260ae.jpg

conv0052_201706131056185bd.jpg

conv0056_20170613105729607.jpg

conv0054_201706131056179b9.jpg
神殿前で巫女さんが舞を奉納。

conv0058_20170613105803afe.jpg
神主さんのお言葉を拝聴しお開きとなりました。















スポンサーサイト
シニアの社会見学
「新鮮なマグロが食べたい」と言う仲間のわがままなリクエストで京浜急行の「みさきまぐろきっぷ」を
利用して三浦半島にマグロを食べに行ってきました。

conv0027_201706031628055f8.jpg
品川駅で「みさきまぐろきっぷ」を購入します。
¥3,600で「電車・バス乗車券」、「選べるまぐろ食事券」、「選べるレジャー施設orお土産券」
元は充分に取れそうです。

conv0033_201706031819078be.jpg

conv0003_201706031630436cf.jpg
1時間程で三浦海岸駅に到着。

conv0026_201706031636099d2.jpg
横断幕が我々をお出迎え。

conv0001_20170603162811135.jpg
定休日のまぐろきっぷ取り扱い店が出ております。

conv0004_201706031628109e7.jpg
三浦海岸駅から「海35系統」で海岸に沿って城ケ島へ向かいます。
我々以外は地元の人々です。

conv0005_20170603163042949.jpg
山本コウタローの「岬めぐり」のモデルかもと言われる海岸線の彼方に房総半島が望めました。

conv0028_20170603162804be0.jpg

conv0029_20170603162803e19.jpg
貰ったパンフレットの中から食事する店を選びます。

conv0006_20170603163041f98.jpg
選んだ店舗は30店舗ある中で全員一致で城ケ島京急ホテルの「レストラン磯香瀬」です。

conv0007_201706031630409d5.jpg
先ずはビールで乾杯。

conv0008_201706031630391ed.jpg
本日のメインイベント「みさきまぐろきっぷ」のスペシャルメニュー。
マグロ丼は熟成されたタレに漬けたまぐろが敷き詰められ上に盛られた剥き身、
サクッと揚がった「まぐろカツ」、「まぐろとろ饅」、更に小付け、味噌汁、御新香というラインアップ。
味もボリュームも満点でした。

conv0009_20170603163038dd4.jpg
肉眼では富士山を観る事が出来ました。

conv0015_20170603163244935.jpg
バスで三崎港に戻り「施設利用orお土産」で水中観光船に乗船する為チケットと交換します。

conv0012_20170603162806ac7.jpg

conv0013_201706031632477b3.jpg

conv0016_20170603163244bb6.jpg
ズングリむっくりしたグラスボトムの船です。

conv0022_20170603163401ecb.jpg

conv0017_201706031632434f7.jpg

conv0018_201706031632421bc.jpg

conv0020_20170603163402f77.jpg

conv0021_201706031634016d2.jpg
ポイントに着くと撒き餌をし魚を寄せます。

conv0019_20170603163403bce.jpg

conv0024_201706031633596c1.jpg
30分程遊んで帰港します。

conv0035_20170603234325563.jpg
最後のイベントは船着き場の傍の産直センター「うらり」での冷やかしです。

夫々まぐろとろ饅やら干物やら塩辛やらと買物をし楽しく1日を過ごし家族の待つ家路につきました。




シニアの社会見学
今回の社会見学はANA機体工場(整備場)の見学を行いました。

航空会社の整備工場の見学は事前予約で半年先まで予約が一杯でハードルが
高いのですがキャンセルが出たのか偶然にも1週間前に予約が取れました。

conv0001_20170427124805ffc.jpg

conv0005_20170427124845027.jpg
最寄り駅は東京モノレールの「新整備場」です。
通勤時間帯でない為か降車したのは見学の我々以外数名で寂しい駅前です。

conv0002_20170427124805a25.jpg
航空会社関連の事業所が掲示されている案内板。

conv0006_201704271248054ed.jpg
道の反対側にはJALの整備場が在ります。

conv0007_20170427124804df5.jpg
公道をロールスロイス社製エンジンを専門部署に運搬してます。

conv0008_20170427124845448.jpg

conv0009_2017042712501317d.jpg
入口にはガードマンがおりセキュリティは万全です。

conv0063_20170427172750906.jpg
旅館の玄関に在る様な見学者の氏名。

conv0011_20170427125013827.jpg

conv0016_20170427125017a97.jpg
広々としたロビーで待機。

conv0017_2017042712510098e.jpg

conv0018_20170427125207c6d.jpg

conv0021_20170427125206dad.jpg
時間になり会議室で整備場の概要、整備の流れ、諸注意等説明を受け整備場に向かいます。
因みに従業員は総勢900名程在籍し、約10%が女性だそうです。

conv0059_20170427134310b64.jpg
整備場全景(グーグルアースより)

conv0025_2017042712520673b.jpg
主翼整備の油圧足場が壮観です。

conv0028_20170427125206896.jpg

conv0029_20170427125259b9a.jpg

conv0030_20170427125416f83.jpg
3階フロアーからの撮影。
垂直尾翼、尾翼の大きさを改めて確認。

conv0031_2017042712541588e.jpg

conv0033_201704271254157dd.jpg

conv0040_201704271256101a2.jpg

conv0041_20170427125610e17.jpg

conv0044_20170427125609370.jpg
見学通路、立入りエリアが厳しく18mmの広角でも収まりません。

conv0046_20170427125719b54.jpg
1台20憶円するというロールスロイス社製エンジンの銘板。

conv0047_2017042712571972b.jpg

conv0038_20170427125610733.jpg
トレント1000型エンジン。
可なりのECOなエンジンだそうです。

conv0045_201704271257190f0.jpg
人と比べエンジンが如何に大きいか。

conv0036_20170427125415c1c.jpg
交換用の予備エンジンでしょうか?

conv0050_201704271258164c4.jpg

conv0049_2017042712581725f.jpg
ボーイング787型機。

conv0061_20170427163216b24.jpg
お土産にいただいたパンフレット、ファイル、入館表。

1時間半の見学ツアーでしたが、鉄道工場と同様「安全、快適、正確」を提供する為
日夜業務に携わっている事に感激した社会見学でした。

このあとは、恒例の反省会を盛大に行いました。













シニアの社会見学
今回の社会見学は、ネット予約の抽選に当り迎賓館赤坂離宮の見学を行いました。

conv0027_20170218223529c91.jpgconv0028_20170218223529a3a.jpg
配布されたパンフレットも趣があります。

conv0001_2017021822272508d.jpg

conv0047_201702192102145ce.jpg

conv0018_20170219205352240.jpg


conv0045_20170219210215f9a.jpg
日本とは思えない豪華な正面の門扉。

conv0048_20170219210213ccd.jpg

conv0036_20170219205940085.jpg
欧州の宮殿を彷彿とさせるネオ・バロック様式の建築物です。

conv0034_20170219205821407.jpg
正面玄関。

conv0044_201702192102157a0.jpg

conv0037_2017021920594096f.jpg
屋根上には甲冑のモニュメン。

conv0028_201702192057294fe.jpg
中央の入口には「菊の紋章」

conv0029_2017021920572873f.jpg
両サイドの入口も凝った造りです。

conv0041_20170219210039896.jpg

conv0042_201702192100385eb.jpg

conv0027_20170219205729304.jpg
灯具も青銅と思われます。

南側の主庭に回って観ます。

conv0003_20170219204709977.jpg

conv0005_20170219204806350.jpg

conv0007_20170219204938ed7.jpg

conv0004_20170219204806b04.jpg

conv0006_20170219204805d7f.jpg

conv0010_20170219204937c22.jpg

conv0013_201702192049361df.jpg

conv0009_20170219204937fc8.jpg

conv0011_20170219205217457.jpg
手入れの行き届いた噴水の在る主庭。

本館に入ってみます。

conv0001_20170219204710b25.jpg
手荷物検査場。

conv0002_20170219204710dad.jpg
空港並みの手荷物検査を受け入場券を購入します。

conv0015_201702192052177c5.jpg
入場料¥1,000は何に使われるのでしょうか?

内部はセキュリティ対策で撮影御法度なのでパンフレットの写真を添付致します。

conv0029_20170218223528265.jpg

conv0031_2017021822365999c.jpg
中央階段と2階大ホール。

conv0030_2017021822361992d.jpg

conv0033_20170218223809559.jpg

conv0034_201702182239102b0.jpg

conv0035_201702182239101a5.jpg


お土産売場も在りましたが写真集等しか無く庶民の欲する「迎賓館饅頭」はありませんでした。

都会の真ん中で欧風宮殿をドレスコード無しで散策し、気分を良くした処で
反省会に向かいました。






















シニアの社会見学
今回の社会見学は、青梅市の小澤酒造に酒造りを学びに行きました。

小澤酒造は、JR青梅線の沢井駅を降り青梅街道に面しております。

conv0002_20160514202308d6e.jpg
蟹は社紋で沢蟹からとったそうです。

conv0003_201605142023585fe.jpg
創業は古文書に依ると忠臣蔵の討入りのあった元禄15年だそうです。

conv0005_20160514202307e9c.jpg
酒蔵の入口で小澤酒造の広報担当の女性が迎えてくれます。

conv0021_20160514203238e0f.jpg

conv0007_201605142023575df.jpg
酒造りの説明を受けます。

conv0006_20160514202357d91.jpg
蔵の入口にある神棚。
此処で社員全員で朝の点呼執り行い作業にかかります。

conv0010_20160514202618b50.jpg
今の酒樽は琺瑯製だそうです。

conv0011_20160514202617664.jpg
玄米の研ぎ方により「吟醸」とか「大吟醸」とかのグレードが変わるそうです。

conv0012_20160514202656b14.jpg
明治に建てられた急な階段の蔵。

conv0013_20160514202754596.jpg

conv0014_20160514202753e56.jpg
7年物(2009年ビン詰)、16年物(2000年にビン詰)の熟成中の「蔵守」。

conv0016_20160514202905c76.jpg

conv0017_20160514202950ffa.jpg
「澤ノ井」の命の水。

conv0019_201605142030416c5.jpg
いよいよお楽しみの試飲。
口当りの良い爽やかなお酒です。

酒造りの勉強も試飲もしっかり行い小澤酒造を後に多摩川の遊歩道を御岳の手打ち蕎麦屋に向かいました。

conv0026_20160514203237a9d.jpg

conv0027_2016051420323747d.jpg
青梅線御岳駅の傍に在る「玉川屋」という評判の蕎麦屋です。

conv0030_20160514203419109.jpg
店内の看板。

conv0029_20160514203419ba3.jpg
シンプルですがとても美味しい手打ち蕎麦です。

食後の腹こなしに御岳近辺を散策して歩きました。

conv0031_20160514203418dbc.jpg
青梅線御岳駅前にある青梅名産の柚子を使ったお土産品で有名な「ちとべ」。

conv0041_20160514203553912.jpg
左は柚子の皮をピールにしチョコレートでコーティングした「沢井柚子チョコレート」期間限定の超人気商品だそうです。
右は青梅市の推奨土産に認定された「柚子ジャム」。他にも柚子を使った「ちとべ特製」のお土産が多数有りました。

蔵出しの酒を呑み、美味しい手打ち蕎麦を食べ、柚子を使用したお土産で有名な「ちとべ」の柚子のチョコレートとジャムを
手に反省会の会場に向かいました。









シニアの社会見学(100日間世界一周クルース)゙
シニアの富裕層を対象にしたオーシャンドリーム号による船旅の案内があり
4月の勉強会として富裕層仲間と冷かし半分で船内見学会に参加してきました。

img084.jpg img083.jpg
事前に送られてきた乗船券。

conv0021_201504110839162b1.jpg

conv0022_20150411083916009.jpg
1981年にデンマークで建造され、総トン数35,265トン、全長205メートル、乗客定員1,422人
の本格的な外洋客船です。

conv0001_201504110835081bb.jpg
多くの富裕層が訪れました。

conv0015_201504110837463c6.jpg

8部屋しかない最上級のペアバルコニー客室
代金は大人1名390万円程で100日間の世界一周する事が出来ます。
conv0003_20150411083507051.jpg

conv0004_20150411083507bf5.jpg

conv0005_20150411083507714.jpg

conv0006_20150411083506947.jpg

conv0013_20150411083707c65.jpg

conv0007_20150411083631c4c.jpg

フレンドリータイプのエコノミークラスが一番安く窓無しの
2段ベットの4人部屋で149万円です。
conv0011_2015041108362949a.jpg

conv0010_2015041108363094d.jpg

conv0009_20150411083630841.jpg

conv0018_20150411083917ceb.jpg
多国籍のクルーが働いておりました。

conv0023_201504110839498a1.jpg
恒例の反省会は恒例の居酒屋でいつもの焼酎で。

途中寄港上陸するにしても100日間も船に閉じ込められるのは
ノーサンキュウという事で締めくくり4月の勉強会をお開きとしました。













シニアの社会見学
現職時の仕事仲間の月1回の定例懇親会を今回は真面目に社会見学で
広く見識を高め様と云う事で、見学先の設定に疑問を持たれる方も居られる
とは思いますが、サントリーの武蔵野ビール工場に致しました。

conv0001_2014062708224259b.jpg
分倍河原駅前ロータリーから無料シャトルバスで工場に向います。

conv0003_201406270823217b2.jpg
工場見学用建物に入る正面に6畳程も有ろうかと思う
大きなサントリーモルツの看板。

conv0019_20140627082639095.jpg
左側は、グッツ等の売店。

conv0002_20140627082321d48.jpg
右側のカウンターで受付を済ませます。

conv0004_201406270824183f0.jpg
サントリー武蔵野工場の横山さんの案内で見学です。

conv0005_201406270824182a5.jpg
深井戸で工場地下の天然深層地下水を仕込水として使用。

conv0011_2014062708253978c.jpg
ビールの素になるホップや麦芽。

conv0007_20140627082417e85.jpg

conv0008_20140627082540340.jpg

conv0010_2014062708254094a.jpg
仕込、発酵、濾過と工程は進みます。

conv0012_201406270825391ec.jpg
濾過装置の模型。

conv0013_201406270826409b7.jpg

conv0014_20140627082640922.jpg
最終工程の缶・樽詰のライン。

いよいよお待ちかねの試飲コーナーです。

conv0015_2014062708263986b.jpg

conv0017_20140627082731a08.jpg

conv0016_20140627082732d9c.jpg

conv0018_201406270827310fd.jpg
ビールを知り尽くしたプロが淹れてくれた本物のビール。

工場見学の反省会を行う為、酒を求め、肴を求め居酒屋という
聖地に移動致しました。

conv0020_2014062708284006f.jpg
此の聖地は、年中無休12時開店で何時でもお参り可能です。

conv0021_2014062708284013c.jpg

conv0022_20140627082924fcd.jpg

conv0023_20140627082924c71.jpg

conv0025_20140627082923c19.jpg
工場見学で下地ができていた為、反省会がただのの飲み会(2次会)になってしまいました。
次回の社会見学は酒蔵工場を見学しようと話がまとまりお開きとなりました。





2014 FIFA ワールドカップブラジル パブリック・ビューイング
日本代表VSコートジボワール代表の試合が市民体育館でスペシャルゲストを迎え
300インチ程の大画面での応援観戦が行われました。

conv0006_20140616083244b44.jpg

conv0002_20140616083245e24.jpg
入場すると席はレプリカのユニフォームを着た熱狂的なサポーターやサッカークラブの
子供達で一杯です。

我が市はJリーグのFC東京のフランチャイズで、チームからもDFの森重選手も出場しております。

conv0009_20140616083334bb2.jpg

conv0005_201406160832455a5.jpg

conv0003_20140616083245015.jpg

conv0004_201406160832459b9.jpg
場内はサポーターがブラジルに届けとばかりの必死の応援をしております。

conv0008_201406160833344f4.jpg

conv0007_201406160833049b9.jpg
FC東京の元選手、マスコットの「東京ドロンパ」やTOKYO MX TVのキョスターや
サポーターの応援もありました。

conv0001_20140616083246b24.jpg
前半得点した時は、会場割れんばかりの大歓声でしたが最終的には逆転負け。
次の試合に期待しましょう。