fc2ブログ
ぬか屋の徒然日記
主に旅をテーマにした写真等を発表し観てもらう場として ブログを設けました。
プロフィール

ぬか屋

Author:ぬか屋
私のブログヘお寄りいただき有難う御座います。団塊世代の山羊座です。暇をみつけては、主に鉄道写真の撮影旅行、鉄道模型作りその他何事にも興味を持って歩き回っております。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



大岡山駅にて
半世紀以上前の1968年、F模型製作所のアルバイトで大岡山の個人宅の固定レイアウト製作
を出張工事で行った際、大井町線と当時の目蒲線が傍を走って居りました。

conv0001_2024041120422858f.jpg

conv0009_20240411204336c7b.jpg

conv0012_2024041120432913e.jpg
大井町線。

conv0014_202404112044464f9.jpg
7000形。
目蒲線をオーバークロスし二子玉川方面へ。

conv0007_20240411204341845.jpg
大井町線大岡山駅。
左2線が目蒲線。

conv0008_202404112043387e9.jpg

conv0002_20240411204226f44.jpg

conv0003_20240411204224805.jpg

conv0004_20240411204221bb6.jpg

conv0005_2024041120421920d.jpg
両運転台の3499号車。

conv0006_20240411204216039.jpg

conv0010_2024041120433307a.jpg

conv0011_202404112043320bb.jpg

conv0015_2024041120444464d.jpg

conv0016_20240411204441f60.jpg

仕事合間の昼休みにF氏、A氏共に撮った大岡山のスナップです。

















スポンサーサイト



上田丸子電鉄
1977年信州移動中偶々寄った上田原車庫でのスナップです。

conv0001_20240410215005de0.jpg
凸型電機のED251。

conv0012_202404130940048d7.jpg
クハ250形。
相模鉄道(神中鉄道)からの譲渡車両で気動車改造のクハ252。

conv0003_20240410214959490.jpg

conv0004_2024041021495757e.jpg
モハ5370形。

conv0005_20240410214954f92.jpg
モハ5250形。
丸窓電車として親しまれたモハ5251。

この後、線路脇を走行しましたが列車とすれ違う事無く次の目的地
に移動しました。


ぬか屋工務店(網戸の張替)
ぬか屋工務店では傘張り内職は行いませんが、経年劣化で破れ始めた網戸を
使用頻度が増える前に張替をおこないました。

conv0011_202403272002343b4.jpg

conv0001_20240327200053afb.jpg
張替ネット、押さえゴム、ローラー等工具、材料はダイソウで購入。

conv0002_20240327200050fce.jpg

conv0003_2024032720004884d.jpg
押さえゴムを剝がします。

conv0004_20240327200045094.jpg
押さえ溝を含め綺麗に洗います。

conv0006_20240327200040bcc.jpg
押さえゴムを嵌め込みます。

conv0007_20240327200244218.jpg

conv0008_20240327200242b11.jpg

conv0005_202403272000424e4.jpg
皺や弛みが無い様確実に押し込みます。

conv0009_202403272002397de.jpg
余った縁の部分はカッターで切り取り。

conv0010_20240327200237983.jpg
1枚30分位で完了しました。

業者に依頼すると大きさにも依りますが、1枚あたり¥3,000~5,000位ぼられそうですので
工具、材料費だけで¥500/枚位で収まると居酒屋で1杯余計に呑めそうです。











西武国分寺線 鷹の台界隈
小田急電鉄よりの譲渡車両が未だ送られて来てませんが、置き換わるのも時間の問題、
沿線が混み合う前に地元を歩いてみました。

conv0001_2024031715521493b.jpg

conv0002_2024031715521171b.jpg

conv0003_20240317155210b13.jpg

conv0004_20240317155207d01.jpg
鷹の台ー恋ヶ窪間。

conv0007_202403171554072dc.jpg

conv0009_20240317155404f05.jpg

conv0010_202403171554034fa.jpg


conv0017_20240328154107ef2.jpg
鷹の台駅。

conv0005_20240317155206648.jpg

conv0006_20240317155205dca.jpg
バスとの遭遇。

conv0011_202403171554002e5.jpg

conv0012_20240317155359c08.jpg

conv0013_20240317155535b56.jpg

conv0014_20240317155533db1.jpg

conv0015_2024031715553283a.jpg

conv0016_2024031715553166c.jpg
鷹の台ー小川間。

桜の開花は未だですが、数日の内に鷹の台駅東側の公園の桜が満開に
成ると思います。
その時は桜を求め歩こうと思います。






















[続」 隅田川
江戸の香りを求め、隅田川沿いを歩いて見ました。

今戸という地名に因んだ今戸神社に寄ってみました。

conv0001_20240321111302aad.jpg

conv0002_20240321111259369.jpg
縁結びの神様という事で、女性の参拝者が多く
昔、今戸で「招き猫」を焼いていた事から「招き猫発祥の地」としても
有名な神社の様です。

conv0003_2024032111125675c.jpg
「竹屋の渡し」が無くなった今、対岸の向島には、X字型の「桜橋」で。

conv0009_20240321111438f56.jpg
渡ると「さくら餅」で有名な天台宗の長命寺が在り弁財天が祀られて居ります。

長命寺のそばには江戸時代から門前で名物の「長命寺のさくら餅」として甘味を提供している「山本や」です。

conv0010_202403211114369c5.jpg

conv0016_20240321111434858.jpg

conv0011_20240321111432e4e.jpg

conv0012_2024032111161388e.jpg

conv0013_20240321111611021.jpg
お持ち帰りのみなので御土産とします。

conv0014_2024032111160858e.jpg
大きな3枚のさくらのはで包まれて、風味を保ち、乾燥を防いでいます。

conv0015_202403211116065a4.jpg
ピンクの餅では無く、一見ワンタンのようです。
「名物に美味いもの無し」と言うのは誤りで実に美味です。

傍に、もう一軒著名な茶店が在ります。

conv0004_202403211112540b0.jpg

conv0005_202403211112532f3.jpg

conv0006_2024032111125085b.jpg
江戸時代創業の「向島 言問団子」です。

conv0007_20240321111443d29.jpg
味噌餡、白餡、小豆餡の三味で、サッパリした甘味と串に刺さない団子
として有名で団子と言うより高級和菓子です。

conv0008_20240321111441e0a.jpg
都鳥のイラストが描かれた茶碗での呑むお茶と団子はベストマッチングです。

江戸の香りを求め、奥浅草、向島界隈を歩いて観たいと思って居ります。















北陸本線・大糸線
1969年春、新潟からの帰路、糸魚川による予定で黒井、直江津、糸魚川と
北陸本線沿いに移動しました。

conv0010_202403011720027e4.jpg
黒井駅での信越化学工業の入替え。

conv0011_20240301172000d1f.jpg

conv0001_20240301171908698.jpg

conv0002_20240301171905103.jpg
電化真近で架線張るだけの黒井駅です。

conv0009_20240301172005ba4.jpg

conv0007_20240301172010bb4.jpg

conv0008_2024030117200869f.jpg
直江津駅。

conv0001_20240314172845c09.jpg

conv0002_202403141728434c5.jpg

conv0006_20240314172838e7b.jpg

conv0007_20240314172835d5d.jpg
R8号線を直江津から糸魚川に向かう途中の北陸本線。

東洋活性白土は生憎の休日の為、空振り三振でした

conv0005_20240314172840b00.jpg

止む終えず大糸線沿いに松本経由で撮りながら帰路。

conv0003_20240301171904fe5.jpg
姫川に沿い走る大糸北線。
河原をを歩けばヒスイの原石が落ちて居たかも知れません。

conv0013_20240301172040314.jpg

conv0012_20240301171958777.jpg

conv0014_20240301172038129.jpg
大糸北線平岩駅附近で偶然Ⅽ56の貨物が来ました。
直江津で撮れなかった分、少しは、気が晴れました。

南小谷から松本方は、電化済みで大糸南線として区別してました。

conv0004_20240301171901af6.jpg
新宿からの急行。

conv0005_202403011718596b8.jpg

conv0006_20240301171856772.jpg
中間の2両は不明なるも前後の車両は、クモハ60系と思います。

この先は、山影で暗くなり御開きとなりました。



















朝の国分寺線鷹の台駅
朝の通勤通学時間帯と夜間一部時間帯のみ交換する鷹の台駅の
スナップです。

conv0005_20240307093105f5f.jpg
上り国分寺行が朝・夜間帯しか入線しない2番線へ

conv0006_20240307093102da4.jpg
通勤客で混んで来ました。

conv0001_20240307093112297.jpg
1番線には下り東村山行。

conv0003_20240307093109c03.jpg
左は2番線に先着している国分寺行。

conv0002_2024030709311106c.jpg
降車する生徒・学生と乗車する通勤客と入れ替り、時間帯、号車に依っては
100%を超える乗車率です。

conv0007_20240307093218d0b.jpg
久し振りにⅯⅭ車の屋根上を拝ませて貰いました。

conv0008_202403070932172a8.jpg

conv0009_20240307093216131.jpg

conv0010_2024030709321478e.jpg

conv0011_20240307093213ba1.jpg

conv0004_202403070931060dd.jpg
上下線共発車。

乗降客で慌ただしかった構内も7分程静かな時を迎えます。
此の後、一旦帰宅し鷹の台界隈を歩きました。












カルディ・トラム 2次車
衝動買いした小型のカルディ・トラムを16.5mmの軌道で走行させるべく
遊んでみました。

conv0001_20240301160058922.jpg

conv0002_20240301160055d5b.jpg
ダミーの車輪を取り外し駆動装置がセット出来る様、床板加工ます。
駆動装置は天賞堂の31mmのパワートラック。

conv0006_20240301160045ed3.jpg
腰板部に鉛の帯板をウエイトとして接着します。

conv0003_202403011600535b0.jpg
0.7mm真鍮板でパワートラの基板を製作。

conv0004_20240301160050707.jpg

conv0005_20240301160048914.jpg
スペーサーで床面高さ調整、首振り、おじぎ等抑制措置を施します。

conv0008_202403011601498c9.jpg
18インチのエンドレスでの試運転も良好。

conv0007_20240301160152440.jpg
てな事で衝動買いのトラムもお蔵入りにならず駆動化完了しました。

いずれは鉄孫に譲渡されるでしょう。



レール
鉄道と言うと車両が花形のようですが、其の走行を陰で
支えて居るのがレールです。

蔵を整理して居たら何種類かのレール、その他我楽多が出てきたので
並べてみました。

conv0003_20240218163030530.jpg

conv0002_202402181630343c3.jpg
左から50kgNレール,40kgNレール,37kgレール.
30kgまでのレールは、普通レールと呼ばれ其れ以外は工事用やトロッコ用として
軽レールと呼称されています。

conv0001_202402181630335ef.jpg
軽レールと呼称されるレール。
左から22kgレール(西武山口線廃止記念レール)、15kgレール、12kgレール、9kgレール(規格外で判然としません)

conv0008_20240218163055732.jpg
縦に並べて見ると大きさが一目瞭然です。

conv0004_20240218163028e6a.jpg
タイヤのスライスです。

conv0011_202402212053476e4.jpg
この様にセットするとお判りになると思います。

conv0009_20240220165916813.jpg
スパイク。
他の物をメッキ依頼した時に、序でに課の人数分お願いした物です。

conv0010_2024022016591427b.jpg
40kgNレールで造った金床で表面は焼き入れ加工して在ります。
殆ど使用した憶えが無く、蔵の隅で寝て居た物です。

conv0007_202402181630578a0.jpg
37kgレールの切れ端。
模型工作その他、重しに使用し実に便利です。

車両に1,500Ⅴを供給する架線(トロリー線)です。
文鎮に便利です。

conv0017_2024022409141789e.jpg

conv0019_20240224091414440.jpg
トロリー線の断面はこの様な形状です。


オマケの画像で、小型鉄道模型用5インチレールと輪軸です。

conv0012_2024022309223888f.jpg

conv0013_20240223092236be0.jpg
フィシュプレートも顎がしっかり嵌り全くガタが生じません。

conv0015_2024022309223303f.jpg

conv0016_2024022309223176e.jpg

conv0014_20240223093043b54.jpg

オマケの画像でした。




衝動買い
偶々珈琲豆店の前を通り掛かり、思わず足を止めて
しまいました。

conv0003_202402171258590de.jpg

conv0001_2024021712590232f.jpg

conv0002_20240217125900fe5.jpg
バレンタインの企画商品のカメラとともに、見たことが有る小振りのトラムが
山ほど積まれてました。
衝動的に手持ちのパワトラで可動化させ様と思い購入しました。

conv0004_20240217125857fe8.jpg

conv0007_20240217125953d7c.jpg
例によってチョコが3個。

conv0006_20240217125853f15.jpg
大きさは前回(2022年)発売の物より二回り位小振りです。

conv0005_202402171258551f7.jpg

conv0010_20240217125951bc9.jpg
全長 50mm、全幅 10mm、高さ 30mm位小さいです。
1/45と1/80の中間位なので軌間16.5mmでの可動化に着手します。